2015年12月11日開催
国際NGOと福島の談話タイム -福島をコラボレーションで支える-
富士フイルム(株)/フォトボランティア・ジャパン基金※1

おかげさまで盛況のうち終了いたしました。
ご参加いただいた皆さま、関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。

国際NGOと福島の談話タイム -福島をコラボレーションで支える-

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)は、2015年12月11日、六本木・富士フイルムフォトサロンにて「国際NGOと福島の談話タイムー福島をコラボレーションで支えるー」を開催します。

JPFは、2011年東日本大震災直後より現地入りし、被災された方々・地元NPO・支援団体・自治体などと情報共有、連携しながら、東北で支援活動を展開してきました。東日本大震災からもうすぐ5年が経ちますが、いまだ約19万541人が避難生活を続けており、そのうちの半数以上が福島県の方々です(4万4,094人が福島県外に、6万588人が福島県内に避難)※2

当日は、JPFが日々活動をともにするJPF加盟NGOや福島支援団体が、福島の人々が抱えている複雑で見えにくい問題と、私たちが実践してきた地域の方々とのコラボレーションについてお話します。

イベント概要

日時
2015年1211日(金) 14:00~15:30(開場13:00)
会場
富士フイルムフォトサロン2F(フジフイルム スクエア内)
東京都港区赤坂9丁目7番地3号
定員
先着100名程度(参加無料)
お申し込み
参加無料
協力
富士フイルム(株)/フォトボランティア ジャパン基金
主催
特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム
イベントに関するお問合せ
JPF国内事業部 斎藤、谷内田、坂巻
TEL:03-6261-4751 FAX:03-6261-4753

プログラム

ビデオ上映 13:30~14:00&15:30~16:00

JPF国内事業部スタッフが、福島の被災者と支援団体の声を集めたビデオメッセージを上映します。 ぜひ現地からの生の声をお見逃しなく。

第1部 14:00~14:50
談話タイム

震災当初から福島入りしたJPF加盟NGOと福島の現地パートナーが、これまでのコラボレーション活動をトーク形式で振り返り、具体的な過程や成果、さらに国際人道支援の経験やノウハウを活かせた点、気づきを紹介します。

  • AAR Japan [難民を助ける会]:2011年3月より支援物資を配布。現在は障がい者への支援を継続中
  • シャンティ国際ボランティア会:「ふくしまを走る移動図書館プロジェクト」を2012年10月から継続中

第2部 14:50~15:30
パネルディスカッション「コラボレーションでつくるこれからのカタチ」

福島の女性や子ども、高齢者、障害者などが抱える、なかなか顕在化せず見過ごされがちな課題について紹介します。どのようなコラボレーションが有効なのか、様々な立場の人々とともに包括的な支援を実施してきた福島の支援団体とJPFが話し合います。

  • ふくしま連携復興センター:復興コーディネーター事業より県域と内閣府のコラボレーション
  • 3.11被災者を支援するいわき連絡協議会(通称みんぷく):地域の支援格差・軋轢と地元支援団体とのコラボレーション
  • AAR Japan [難民を助ける会]:障がい者支援分野のコラボレーションと企業連携
  • ジャパン・プラットフォーム:3県にまたがる地域のコラボレーション、企業連携と外部支援者間連携

※1 本イベントは、2015年12月11日(金)~17日(木)富士フイルムフォトサロン 東京・フジフイルム スクエアにて開催される、フォトボランティア・ジャパン基金主催『世界の子ども達への支援を知ろう サポートしようー第19回写真家達によるチャリティー写真展』の同時開催イベントです。フォトボランティア・ジャパン基金のご協力により開催し、また売上の一部をJPFの人道支援活動のための支援金として贈呈くださいます。会場は、富士フイルム㈱のご厚意により無償提供していただいています。

フォトボランティア・ジャパン基金は、プロ写真家たちで構成され、オリジナル作品の全売上金を日本のNGOに贈呈するこのチャリティー写真展を継続し、今年で19年目となります。プロ写真家の額付写真約250点を一堂に展示し、すべて1万円で即売。今年は、UNICEF東京事務所、ミランクラブジャパン、世界の子どもにワクチンを 日本委員会、JPF等の支援先団体とコラボレーションし、同時開催イベントに協力しています。

この素晴らしい趣旨のイベント、ロケーションで、JPFの人道支援の活動紹介の機会をいただけることに心より感謝申し上げます。

※2 復興庁 平成27年10月30日発表