プレスリリース 2001年02月12日

拡がる企業の支援の輪

拡がる企業支援、現地では被災者支援活動が本格化

インド西部地震に対し、政府、経済界とNGOの緊急支援時の連携を目指す「ジャパン・プラットフォーム」には、経団連1%クラブを通じた呼びかけ等に応え、企業からの支援申し出が相次いでいます。

2月6日(火)よりダイエーグループは、グループ会社計876店舗店頭で義援金募金を開始し、募金はジャパン・プラットフォームへ贈られる予定です。(2月26日(月)まで実施。) また日産自動車(株)は全社員を対象に同様の呼びかけをしています。株式会社デンソー、(株)文化工房等からは寄付の申し出がありました。

このように企業支援の輪が拡がるなかで、現地では地震発生から3週間が経過しようとしており、被災者支援活動が本格化しています。 「ジャパン・プラットフォーム」に参加するNGOも、被災者センター設営、医療活動、テント、食料等の物資配布活動などを展開しています。

「ジャパン・プラットフォーム」では引き続き企業に対し、今後の支援活動を支える資金・物資等の協力を呼びかけています。