プレスリリース 2001年12月12日

「アフガニスタン復興NGO東京会議」明日閉幕

アフガニスタンの復興に地元の声を反映させるため、27人のアフガニスタン人NGOスタッフを招いて11日から始まった「アフガニスタン復興NGO東京会議」が明日閉幕します。日本のNGO、日欧米の政府、国際機関関係者らが出席し、アフガニスタンのNGOスタッフとともにアフガニスタンが抱える、分野・地域別の問題に対する支援策について具体的な議論を交わしました。明日のクロージングセッションではこの2日間で作成したアピールが発表され、来年1月東京で開催される政府間復興支援会議や国際社会に向けた提言とします。アフガニスタンNGOスタッフは全日程を終え、15日帰国します。

【12月13日(最終日)の予定】※いずれも取材、撮影が可能です。
・クロージングセッション 都市センターホテル5階オリオン(使用言語:英語)
※ご注意:一部変更有
・受付(9:00~9:30)
・第一部(9:30~12:20)
└9:30~10:00
 来賓挨拶 緒方貞子 アフガニスタン支援首相代表
└10:00~12:20
 分科会アピール発表(発表者:アフガニスタン、日本NGO)
 分野別〈5分野〉、地域別〈6分野〉
・第二部(14:00~15:00)
└14:00~12:30
 総合アピール(発表者:アフガニスタン、日本NGOから1名ずつ)
└14:30~15:00
 閉会の辞(調整中)

・記者発表(15:15~15:45)
 都市センターホテル 5階 オリオン(逐次通訳有)
 国連開発計画アフガニスタン担当:ウリヤ・カラダフィー
 アフガニスタン女性教育センター:パルワシャ・ハサンヌ
 アフガニスタン共済調整機関:アジーズラーマン・ラフィー
 難民を助ける会専務理事/事務局長:長 有紀枝
 アフガンNGO代表数名
 ジャパン・プラットフォーム代表/ ピース ウィンズ・ジャパン統括責任者:大西 健丞
 ジャパン・プラットフォーム評議委員/JEN事務局長:木山 啓子
 ジャパン・プラットフォーム事務局長:井出 勉