プレスリリース 2002年03月27日

ジャパンプラットフォームアフガン北東部地震に対する支援活動を決定

アフガニスタン北東部で25日夜から26日午後にかけて断続的に地震が発生し、バグラン州ナハリン地区において多数の死傷者、行方不明者、被災者が発生しました。ジャパン・プラットフォームに参加するNGOは現地救援活動をおこなうべく現地に向かっています。

ジャパン・プラットフォーム評議会は、3月27日地震救援活動をジャパン・プラットフォームとして取り組む旨決議しました。支援資金として政府が拠出した初動活動資金、及び民間からの寄付等があてられます。

※現在救援活動をおこなうことを表明しているジャパン・プラットフォーム参加団体は以下の通りです。

 ...被災地にて物資配布予定。

 ...バグラン州にて物資を配布予定。現在、現地調査中。

 ...被災地にて支援物資(毛布)を配布予定。

 ...27日、救助チーム(6名、救助犬4頭)日本をすでに出発。

 ...マザリシャリフで活動中のスタッフ2名、26日現地にむけて出発。現地調査のうえ、支援物資を輸送予定。

 ...マザリシャリフで活動中の医療スタッフ3名を含む6名(日本人2名及び現地スタッフ4名)が現地に向かう予定。