プレスリリース 2002年05月10日

アフガン北東部地震被災地支援事業

アフガニスタン北東部地震、被災地支援事業

アフガニスタン北東部バグラン州ナハリンで、2002年3月25日夜から26日午後にかけて断続的に地震が発生しました。(マグニチュード5.9、死者800人~1000人)

ジャパン・プラットフォーム評議会は、被災地への支援活動をただちに決定。アフガニスタン国内で避難民支援を行っているジャパン・プラットフォーム参加NGOが現地に駆けつけました。

支援活動資金には政府拠出の初動活動資金、及び民間からの寄付があてられました。多くの皆様から、地震被災地支援寄付金をいただきましたこと、こころよりお礼申し上げます。

※ジャパン・プラットフォームのアフガニスタン北東部地震被災地支援活動は4月で終了いたしました。今後もジャパン・プラットフォームの難民支援活動を引き続き応援くださいますよう重ねてお願い申し上げます。


ジャパン・プラットフォーム参加団体の活動内容

BHNテレコム支援協議会

 ...被災地ナハリンへの物資輸送をおこなっているアフガニスタン現地NGOへの無線配備。

JEN

 ...毛布2948枚を国連に提供。日本政府が提供した救援物資の保管、輸送に協力。

難民を助ける会(AAR)

 ...ナハリン地区、及び被害者搬送先のマザリシャリフにて、傷病者のためのマットレス800枚を調達、配布。

日本医療救援機構(MeRU)

 ...ナハリン周辺地区で巡回医療事業をおこなった。医療関係者を含む日本人スタッフ3名及び現地医療スタッフ3名を派遣。

日本レスキュー協会

 ...救助犬3頭と隊員6名を派遣。イスラマバードにて調査を行ったが現地での活動を見合わせることとした。

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)

 ...日本政府が提供した救援物資の輸送に協力。

アドラ・ジャパン(ADRA Japan)

 ...アフガニスタン地震被災地支援事業に参加を表明したが、現地事情を考慮のうえ見合わせ。