プレスリリース 2002年09月25日

緊急から復興へイオンによるアフガニスタン復興支援募金実施!

緊急から復興へ
イオン(株)によるアフガニスタン復興支援募金実施
NGOと企業のコラボレーション

02PR-0602.JPG
日ごろはジャパン・プラットフォーム(評議会議長:大西健丞)、並びにジャパン・プラットフォームが取り組んでおりますアフガニスタン支援事業をご理解ご支援いただき、誠にありがとうございます。

米国同時多発テロ事件から1年が経ちました。ジャパン・プラットフォーム参加NGOは現在もアフガニスタン現地で精力的な支援活動をおこなっておりますが、緊急から復興への流れのなかでその支援事業の形態もより地域に根ざしたものになりつつあります。

こうした現地事情を背景に、この度イオン(株)より「アフガニスタン復興支援」の募金活動実施のお申し出をいただき、アフガニスタンにおける学校の復興・農業支援・医療支援などに用いさせていただくこととなりました。イオン(株)からはアフガニスタン難民救済のための募金活動および毛布募集活動に続く二度目のご支援です。

02PR-0601.JPG
ジャパン・プラットフォームはNGO、政府、経済界の三者が対等なパートナーシップの下、それぞれの特性や資源を活かして難民発生時、自然災害時の国際緊急人道支援をおこなうために2000年7月に設立、当初から企業とのコラボレーションを模索、実現に向けて前向きに取り組んでおります。

この度のイオンからのお申し出は、NGOと企業とのさらなる効果的な連携を目指す具体的な取り組みとなります。

ジャパン・プラットフォームはこれからも様々なかたちでの民間セクター(企業・市民)との連携に取り組んでいく所存です。ご支援ご協力くださいますよう心よりお願い申し上げます。


イオン「アフガニスタン復興支援募金」の概要

【実施期間】2002年09月27日(金)~10月27日(日)
【実施場所】イオン(株)の直営全店、およびグループ企業76社の店頭
【イオン「アフガニスタン復興支援募金」の概要】
 ポスターやビデオ(イオン制作著作、ジャパン・プラットフォーム協力)を通して、お客様に募金へのご協力を呼びかけていただきます。
【寄託先】ジャパン・プラットフォーム


イオン1%クラブについて

 イオン1%クラブ(委員長:イオン(株)名誉会長相談役 岡田卓也)は、グループ優良企業各社の税引き前利益の1%を「環境保全」「国際的な文化・人事交流」「地域の文化・社会の振興」の3分野に関わる事業に充て、さまざまな社会貢献活動を実践するために1989年に発足しました。

環境への関心を高め、自然の素晴らしさを子どもに伝える「エコロジーミュージカル」や「こどもエコ絵画交流展」、日本と海外の青少年との相互理解と親交を深めるとともに環境問題を考える「小さな大使」、そして、「アフガニスタンへの支援活動」をはじめとする支援事業および寄附など、さまざまな事業を展開しています。