プレスリリース 2002年12月25日

JPF、新体制のご案内

ジャパン・プラットフォーム新体制のご案内

日ごろジャパン・プラットフォーム、並びにジャパン・プラットフォームが取り組んでおりますアフガニスタン、及びザンビア支援事業にご理解ご支援いただきありがとうございます。

このたびジャパン・プラットフォーム評議会は、評議会議長(代表理事兼務)、及び一部評議員の任期満了に伴いまして、下記の通り、新体制を整えることとなりました。

事務局体制につきましては、日本航空株式会社より出向しておりました事務局長の井出勉が出向期限満了を迎え、1月1日より黒川千万喜(前・トヨタ財団常務理事)が新・事務局長として就任いたします。

またこれを機に、1月下旬には、東京駅の新丸ビル内に独立した事務所を構える予定です。新電話番号、地図等は別途お知らせいたします。

ジャパン・プラットフォームはこれからも必要な人々に必要な支援を届けるべく、世界各地で起こる紛争や災害に対し、企業や政府の支援を受けて国際緊急人道支援活動に取り組んでいく所存です。 今後ともジャパン・プラットフォームを応援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

評議会新体制(2002年12月1日より)

【(新)評議会議長】長 有紀枝〔(特活) 難民を助ける会(AAR):事務局長〕
【(新)評議員】大西 健丞 〔(特活) ピースウィンズ・ジャパン(PWJ):統括責任者〕
【評議員】峯野 龍弘〔(特活) ワールド ビジョン・ジャパン
【(新)評議員】鎌田 裕十朗〔(特活) 日本医療救援機構(MeRU):理事長〕
【評議員】横井 裕〔外務省経済協力局:政策課長〕
【評議員】中村 典夫〔(社) 日本経済団体連合会:社会本部長〕
【(新)評議員】石崎 登〔(財) 三菱財団:常務理事〕
【評議員】中村 安秀〔大阪大学教授〕

事務局新体制(2003年01月01日より)

【(新)事務局長】黒川 千万喜〔前、トヨタ財団常務理事〕
【新事務所】〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 2階

map_j.gif