イベント 2014年11月18日

12月8日 International Medical Corps、国連人道問題調整事務所とJPFの共催で「Building a Better Responseワークショップ」開催

おかげさまで盛況のうち終了いたしました。
ご参加いただいた皆さま、関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。

12月8日(月)にInternational Medical Corps(IMC)国連人道問題調整事務所(OCHA)とJPFの共催で「Building a Better Response(BBR)ワークショップ」を開催することになりましたのでご案内します。

Building a Better Response (BBR) Projectとは、NGOスタッフにおける国連など人道支援組織との調整能力強化、ならびに、現地のニーズに即した事業の実施能力強化を目的に、共催団体であるIMCが、United States Agency for International Development(USAID)からの助成を受け、Concern WorldwideHarvard Humanitarian Initiativeとの協働で開発し、国際的に展開しているものです。

今回のワークショップは、同プロジェクトの一環として開催されるもので、好評につき、今年5月に続いて今年度第2回目の開催となります。

イベント概要

日時 2014年12月8日(月)9:00-18:00(8:30受付開始)
内容 ・国際的人道支援の枠組み(International Humanitarian Architecture-IHA)の概要と、
 NGOがIHAに参加することの意義とメリットについて
・IHA及びクラスター・システムでのコーディネーションの仕組み
・IHAにおけるリーダーシップと、キープレイヤーの役割と責任
会場 ホテルグランドヒル市ヶ谷 会議室オリオン (ウェブサイト:http://www.ghi.gr.jp/access/
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町4-1
JR、東京メトロ、都営新宿線「市ヶ谷駅」から徒歩3分
対象 人道支援事業に携わるNGOの事業担当職員
参加費 無料(簡単な昼食も用意します)
定員 30名(厳正なる審査のもと参加者を決定いたします)
言語 日本語
共催 ジャパン・プラットフォーム(JPF)
International Medical Corps(IMC)
国連人道問題調整事務所(OCHA)
お申込み方法 申込み用紙にご記入の上 imcjapan@internationalmedicalcorps.org(寺畑宛)にお送りください。
お申込用紙(docxファイル 73.3KB)
締切 2014年11月21日(金) 正午

BBRの重要性とワークショップ開催の背景

海外での緊急人道支援活動を展開する際、現地のニーズを汲み上げることは得意なのに、国連や国際NGOとの連携・調整に苦労したご経験はありませんか。

私たちは支援団体として国際的人道支援の枠組みや、その重要性をどの程度理解しているでしょうか。

一人でも多くの被災者を支援できるような質の高い活動、また各団体の活動をより効果的なものにするためにも、支援活動に携わる皆様一人一人が、国際人道支援枠組みを理解し、連携・調整を目的としたクラスター・システムに積極的に参加・活動することが非常に重要なことはご存知の通りです。

クラスター・システムでは、他団体からの情報を集めるだけでなく、そのシステムの中で自分たちの活動情報を積極的に提供し、より効果的な支援を実現するための連携・調整をすることが求められています。

そのため、JPFとしても、加盟団体の皆様が支援現場でどのようなアクターと連携・調整をしているのか、支援別クラスター政策・計画でどのような位置づけにある事業を実施しようとしているのかを、案件申請時に明確にしてもらうことを求めています。

しかしながら、実際には、クラスター・システムの中で思うように積極的な活動ができていない、また、具体的にどのように活動したらよいのか分からないと考える団体が多いということが、これまでのJPF事務局モニタリングを通して明らかになっています。事実、昨年フィリピン沖で発生した台風ハイエンの被災者支援においても、日本のNGOがクラスター・システムの中であまり積極的に活動ができていない報告が内外から届きました。

このような現状を受け、International Medical Corps(IMC)、国連人道問題調整事務所(OCHA)とJPFは、本ワークショップの開催を決めました。

2013年4月には、JPF加盟団体を対象として、OCHA神戸事務所の渡部所長より、OCHAの役割や活動内容などについて講義をして頂きました。その講義の一環としてグループディスカッションを行い、クラスター・システムの中で活動することの課題を参加者間で共有しましたが、この度のワークショップではさらに一歩進んで、クラスター・システムで、より積極的な参加、効果的な調整を可能にするにはどうすればよいのかを、実践的に学んでいただきます。

 

【英語版】BUILDING A BETTER RESPONSE(PDFファイル 411KB)

本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

NGO能力強化研修プログラム担当:鈴木さおり
Tel:03-6261-4751 / Fax:03-6261-4753
E-mail:training@japanplatform.org