お知らせ 2018年07月08日

西日本豪雨、被災状況確認と今後の緊急支援対応のため、本日8日よりJPF調査チームスタッフ現地入り

各地における記録的な豪雨の深刻な被害に対し、被災状況確認と今後の緊急支援対応のため、本日8日より、ジャパン・プラットフォーム(JPF)スタッフ調査チームが被災地域に現地入りします。

調査は、被害が特に大きいとされる広島県、愛媛県、岡山県を中心に、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)、各自治体、支援団体と連携しながら行います。

今後の動きに関しても、本JPFウェブサイトJPF Facebookにて随時更新していきます。