エクアドル地震被災者支援

支援活動は2016年6月3日に終了しました。
ありがとうございました。

  • 地割れ ©GNJP 地割れ ©GNJP
  • 地割れ2 ©GNJP 地割れ2 ©GNJP
  • 地震により発生した段差 ©GNJP 地震により発生した段差 ©GNJP
  • 配布会場 ©GNJP 配布会場 ©GNJP
  • 配布準備中 ©GNJP 配布準備中 ©GNJP
  • 配布物資 ©GNJP 配布物資 ©GNJP

4月16日、エクアドル国北西部太平洋沿岸、エスメラルダス県の地下20kmで現地時間18時58分にマグニチュード7.8の地震が発生しました。その後も頻繁に余震が発生しています。
エクアドル政府は、被災した6県に非常事態宣言を発令、軍と警察を出動させ、また国連に対して支援を要請しました。現在、国際機関、現地および国際NGO、国連機関、赤十字といった100以上の団体が支援にあたっています。

4月27日現在、死者659名、負傷者27,732人、行方不明42人※。75万人が被災、そのうち35万人が支援を必要としています※。また7,000の家屋が崩壊しています※。現在103の施設が避難所となっており(うち64は緊急のため一時的に避難所となっている)、29,067人が避難しています※。家屋倒壊への懸念から自宅を離れている人々が多いなか、特に屋外に避難している人々は蚊が媒介するデング熱やジカ熱感染の危険にさらされています。

JPF加盟NGOであるグッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)は、発災直後より現地団体を通じて情報収集、調査を開始。JPFはGNJPとともに被災情報を検討し、4月30日、「エクアドル地震被災者支援」として出動を決定しました。現地では、早期に避難所から出て家屋を再建したいという被災者の要望が高く、GNJP はそのニーズに応える支援を準備しています。

2016年4月30日現在

※OCHA, Ecuador: Earthquake Situation Report No. 07 (as of 27 April 2016)

プログラム概要

対応期間 1ヶ月
予算枠 1200万円
※期間・予算は被災地の状況に応じて随時見直しを行います。
エクアドル地震被災者支援 事業一覧
事業一覧(PDF 120KB) 2016年5月13日時点
エクアドル地震被災者支援 活動地域
活動地域(PDF 1.8MB) 2016年5月13日時点

2016年5月16日
事業一覧、活動地域を更新いたしました。
2016年5月3日
GNJPが出動しました。

グッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)

事業名 エクアドル国マナビ県における被災家屋補修物資等配布事業
House repair material distribution project in Manabi Province, Ecuador
事業予算 11,995,315円(政府資金)
事業期間 2016年5月14日~2016年6月3日(21日間)