国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

ジャワ島地震被災者支援

本支援活動は終了しました。

ジャワ島地震被災者支援について

javamap.jpg
ジャパン・プラットフォーム(JPF)のジャワ島地震被災者支援は、初動対応支援を2006年5月に開始し、1年5ヶ月間に亘る事業期間を経て緊急対応支援および復旧対応支援を2007年10月に終了しました。当該期間中、JPF参加10団体が支援事業を実施し、合計22事業に約2.5億円の助成を行いました。当期間中のプログラムに関しましては報告書を作成いたしましたので、詳細につきましては下記のファイルをご参照下さい。

2008年12月に開始した復興対応支援では、2009年1月5日時点で、1団体が復興支援を実施しており、さらに2月より1団体が事業を実施する予定となっております。支援団体および実施事業内容等は、対応計画および事業地図よりご確認いただけるようになっています。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

2009年12月1日

対応計画

java_plan.gif

2006年6月8日

調査事業

団体
事業実施期間

事業概要

活動区域
ジョグジャカルタ州

活動状況
(5月30日~6月5日)

派遣
スタッフ
(のべ数)

連携実績

予定裨益者数

事業費

企業
サポート
SCJ2006.
5.30-
6.10
12日間
物資配給、子供の保護活動のための初動調査バントゥル県セーブ・ザ・チルドレン・アライアンスと共に、子どもの環境全般を調査中。また、民間企業、公的機関からの物資支援に対応するニーズを調査している。国際機関との連携を図るため、ミーティングを重ねている。SCJ職員
2名
Save the Children
現地NGO
-1,548,100円JAL

支援事業

団体
事業実施期間

事業概要

活動区域
ジョグジャカルタ州

活動状況
(5月30日~6月5日)

派遣
スタッフ
(のべ数)

連携実績

予定裨益者数

事業費

企業
サポート
NICCO2006.
5.31-
6.30
31日間
被災者への第一次医療サービスの提供バントゥル県
ドリンゴ地区
人口23,000人
6村
4日まで、体制構築のためにインドネシア赤十字、バントゥル県保健省と協議後、ドリンゴ地区の各集落を訪問、巡回診療体制を整えた。現在、地元大学の医学部との連携を調整中。本部職員
2名
医療従事者
3名
インドネシア赤十字
バントゥル県保健省
ガジャマダ大学医学部
MDM France
3750人10,393,170円JAL
vodafone
HuMA2006.
5.31-
6.25
26日間
緊急医療支援実施ならびに救急医療のサポートバントゥル県内
Kalimasada病院
6月3日にジョグジャカルタ入り。診療活動開始。4日までに巡回診療の体制を構築し、5日にはKlatenで実施。Kalimasada病院を拠点に活動するが、必要に応じ、巡回診療も実施。医療従事者
11名
本部調整員
1名
M.H.Thamrin Healthcare Group1760人9,629,924円JAL
vodafone