モンゴル雪害対応2017

  • 遊牧世帯で聞き取りをするSCJの支援スタッフ ©SCJ 遊牧世帯で聞き取りをするSCJの支援スタッフ ©SCJ
  • 冬の間は子どもだけで暮らす遊牧世帯も多い ©SCJ 冬の間は子どもだけで暮らす遊牧世帯も多い ©SCJ
  • ザブハン県知事、教育局、災害管理局等によるMOU署名式 ©SCJ ザブハン県知事、教育局、災害管理局等によるMOU署名式 ©SCJ
  • 伝統的な遊牧民冬季キャンプの様子 ©SCJ 伝統的な遊牧民冬季キャンプの様子 ©SCJ

夏の干ばつに続き、冬に豪雪や氷点下40度以下の極寒の状況が起きるモンゴル特有の自然災害「ゾド」※1。モンゴルは、2015年11月から続く激しい降雪と零下50度を超える厳しい寒さに見舞われ、2016年1月下旬以降、全土339郡のうち211郡が、モンゴル特有の大規模な雪害であるゾド雪害かそれに近い状態に陥りました※2。JPFは2016年4月に立ち上げた支援プログラム「モンゴル雪害対応2016」において、雪害により生活状態が悪化した世帯に対し、食糧配布や子どもたちへの学用品の配布、学校や寄宿舎への暖房用燃料の配布を開始。その後、復興のための教育支援や学校を主体とした災害リスク軽減・対応研修などを実施してきました。

しかしながら今冬も、異例の豪雪とマイナス50度を超える極寒状態に陥るゾドが発生しています。被害がモンゴル全土に広がる恐れがあるとの見解を示したモンゴル政府は、2016年12月23日国際支援を要請し、国連を中心に支援を開始しています。

JPFは、こうした現状と国連の動き、JPF加盟NGOからの報告に基づき、2017年1月19日に支援プログラム「モンゴル雪害対応2017」を立ち上げ、3月1日からモンゴル国内で事業を開始※3しました。

※1:ゾド雪害:モンゴルで数年から十数年程度の周期で発生する大規模な雪害。夏季の干ばつにより乾草が不足し、冬には10~350cmの積雪と激しい吹雪で平均気温がマイナス50度以下になるため、大量の家畜が死亡し、人々の生活に多大な影響をもたらす大規模な自然災害。長期的には、脆弱な遊牧民に甚大な打撃を与えることが知られている。
※2:OCHA, Asia and Pacific: Weekly Regional Humanitarian Snapshot 16-22 February 2016
※3:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)が3月1日から事業を開始。ゾドの影響で家畜を失い家計が苦しくなった遊牧世帯の子どもたちは、学校を休んで家畜の世話を手伝わなければならないため勉強が遅れがちになります。また、極寒が長引くことで、学校や寄宿舎において燃料費が不足して暖房使用に制限がかかるなど、子どもたちが安心できる学習・生活環境の確保が難しくなっています。そんな子どもたちに教育面の支援と防災支援を行っています。

プログラム概要

対応期間 12ヶ月
予算枠 8,000万円(政府資金)
対象地域 モンゴル国内

事業一覧

最新の事業内容・助成予算・助成期間をご覧いただけます。

モンゴル雪害対応2017 事業一覧
事業一覧(PDF 85KB) 2017年1月30日時点

活動地域

モンゴル雪害対応2017 活動地域
活動地域(PDF 301KB) 2017年3月1日時点

事業名・事業予算・事業期間は申請時のものです。助成時の情報は上記の事業一覧(pdf)をご覧ください。

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)

事業名 ゾドの影響を受けた子どもたちのための教育支援及び災害リスク軽減・対応力向上支援
事業予算 7,999万9,738円(政府資金)
事業期間 2017年3月1日~2018年2月28日(365日間)