国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

ミャンマー南東部水害被災者支援2013

支援金の受付は終了しました。ありがとうございました。

なお、寄付金受付終了後にお振込みいただいたご寄付で、お振込人様の連絡先情報 がわからないものについては、事業不特定寄付として、他の災害発生時に使用させていただき ます。ご了承いただければ幸いです。

ミャンマー南東部水害被災者支援2013について

  • ミャンマー南東部水害被災者支援2013 パアン市内浸水の様子。道路が水没©AAR
  • ミャンマー南東部水害被災者支援2013 ラ・オン・メさん(32歳)親子「日本の皆様に感謝します」©AAR
  • ミャンマー南東部水害被災者支援2013 木船を使って村ごとに支援物資を輸送©AAR
  • ミャンマー南東部水害被災者支援2013 米、ブランケットや蚊帳を含む生活用品13点を配布©AAR

被害の状況(2013年8月5日現在) 

モンスーンによる降雨のため、ミャンマー南東部、タイ国境のカレン州、モン州、タニンタリー州、ラカイン州の4州で洪水が発生しています。2013年8月5日現在、カレン州の住民18842人が州内52のキャンプに避難しています。一時期は、カレン州ミャワディー郡など主要被災地への道路アクセスが洪水で遮断され、避難者3万人以上となりました。例年11月頃まで続く雨期の被害の再発、拡大が懸念されており、ここ20年で最悪の被害をもたらすという予測もあります。(参考: UNOCHA)

支援の決定(2013年8月8日)

上記の災害に対し、ジャパン・プラットフォーム(以下、JPF)は、対応期間3カ月間の緊急支援を実施することを決定いたしました。

事業期間:3カ月(初動対応)
予算:5千万円

JPFでは、2013年4月より、カレン州における少数民族帰還民支援を実施しています。現在、現地で活動中のJPF加盟団体より、現地政府からの要請を受けた公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと、特定非営利活動法人難民を助ける会(AAR Japan)が、今回の水害に関しても支援活動の準備を進めています。既に現地調査を終え、生活必需品や衛生キットなどを被害状況が厳しい箇所で配布予定です。引き続き、これまでの現地政府との関係やノウハウを活用した、効果的な支援をしていきます。

企業・団体からの寄付・サポート

 企業・団体の皆さまから、温かいご支援を頂いております。深くお礼申し上げます。

支援金
・株式会社ウィルコム(「オリジナルケータイ用壁紙」コンテンツの売り上げを寄付)
・MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
・KDDI株式会社
・株式会社シンシア
・ソフトバンクモバイル株式会社(「ソフトバンクかんたん募金」によるソフトバンクモバイルのお客様からのご寄付)
・損保ジャパンちきゅうくらぶ
・TDK株式会社
・株式会社電通国際情報サービス
・日本興亜おもいやり倶楽部/日本興亜損害保険株式会社
 
サービス
・全日本空輸株式会社:NGOスタッフ渡航協力