フィリピン南部人道支援2017(寄付受付中)

▼ 緊急支援!寄付を受付中

  • 現地で聞き取り調査をするスタッフ ©ICAN 現地で聞き取り調査をするスタッフ ©ICAN
  • 現地で聞き取り調査をするスタッフ ©ICAN 現地で聞き取り調査をするスタッフ ©ICAN

2017年5月23日、フィリピン南部のミンダナオ島、ムスリム・ミンダナオ自治地域のマラウィ市で発生した武力衝突により、現在、約29万人が避難※1しています。その中には多くの子どもたちも含まれています※2。避難者の大部分の24万人以上は親戚などのところに身を寄せているとされているものの、およそ3万9000もの人が約50の避難所にいるとされ※1、食料と水の支援を必要とする人は15万人以上と伝えられています※3

JPFでは、住居を追われた国内避難民の命をつなぐとともに、生活に最低限必要な物資と教育の機会を提供するための緊急支援が必要と判断し、このたび出動を決定しました。現地に既に活動拠点と実績を持つJPF加盟NGOに対して資金を助成し、迅速かつ安全に支援を実施します。

※1:6月8日時点 OCHA, Asia and the Pacific: Weekly Regional Humanitarian Snapshot (6-12 June 2017)
※2:Unicef, Philippines Humanitarian Situation Update, 8 June 2017
※3:ACAPS Briefing Note, 1 June 2017

プログラム概要

対応期間 3ヵ月間(初動対応)
予算枠 1,500万円(民間資金)
内容 食料、生活必需品、学用品の配布など
対象地域 フィリピン・ミンダナオ島

事業一覧

最新の事業内容・助成予算・助成期間をご覧いただけます。

アフガニスタン帰還難民緊急支援2017 事業一覧
事業一覧(PDF 195KB) 2017年6月23日時点

活動地域

アフガニスタン帰還難民緊急支援2017 活動地図
活動地域(PDF 313KB) 2017年6月15日時点

被災状況

●避難者
約29万人
●避難所数
約50
●避難所に身を寄せる人
およそ3万9000人
●食料と水の支援を必要とする人
およそ15万人以上

ミンダナオ島の位置


2017年6月15日
ICANが出動しました。

特定非営利活動法人 アイキャン(ICAN)

事業名 フィリピンミンダナオ島マラウィ危機被災者に対する緊急救援・教育物資提供事業
事業予算 15,000,000円(民間資金)
事業期間 2017年6月15日~2017年9月14日(92日間)

フィリピン南部人道支援2017 寄付・支援方法

クレジットカードクレジットカードで寄付

金額 1,000円× 口、 5,000円× 口、 10,000円×
その他
合計 1,000
注意事項

オンラインで寄付Paypalで寄付

その他のオプション

オンライン寄付についてはPayPalをご利用いただきます(利用上限金額につきましてはPayPalアカウントをご確認ください)。Paypalに登録がない方も、クレジットカードを利用してPyalpalからご寄付可能です。

銀行振込銀行振込で寄付

銀行名
三菱東京UFJ銀行
支店名
本店
口座種類
普通
口座番号
1732834
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム
  • ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。

郵便振替郵便振替で寄付

銀行名
ゆうちょ銀行
記号と番号
00120-8-140888
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム
※通信欄に「フィリピン南部支援」とお書き添えください。
  • ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。
  • ※税制上の優遇措置が受けられます。 寄付金控除 領収書の発行
  • ※ご寄付を下さった方は応諾書にてご連絡いただければ幸いです。 応諾書フォーム
  • ※領収書の発行をされた方は応諾書は不要です。
  • ※企業・団体からの寄付の10%、個人からの寄付の15%を事務管理費として活用し、残りの全額はNGOの被災者支援事業への助成金(事業費・一般管理費)にあてられます。
  • ※ご寄付は今回のフィリピン南部人道支援2017のために活用させていただきます。ただし、全ての支援事業への助成終了後に残金が出た場合には、次の緊急支援のために活用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。