国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

  • 公式ツイッター
  • 公式フェイスブック

フィリピン台風ライ被災者支援(寄付受付中)

  • 被災したセブ島の教育省事務所 ©SEEDS被災したセブ島の教育省事務所 ©SEEDS
  • シアルガオ島の被災状況 ©PLANシアルガオ島の被災状況 ©PLAN
  • シアルガオ島の被災状況 ©ADRA Philippines・PAMASシアルガオ島の被災状況 ©ADRA Philippines・PAMAS

被害状況の更新

2022年1月14日

  • シアルガオ島の被災状況 ©PLANシアルガオ島の被災状況 ©PLAN

台風ライによる被害状況の把握が進むにつれて、被災者の数字も増えています。1月13日発表のOCHAのレポート(Philippines: Super Typhoon Rai (Odette) - Humanitarian Snapshot)では、被災者800万人となっています(12月30日時点620万人)。JPFによる具体的な支援事業については、確定次第ご報告いたします。

在セブ総領事へのインタビュー記事

2022年1月6日

1月5日付『まにら新聞』は、台風ライによる被害状況に関して、在セブ日本国総領事館の川﨑総領事へのインタビュー記事を掲載しています。記事の中では、セブの現状の他、JPFのフィリピン台風ライ被災者支援についても言及されています。

『まにら新聞』の記事はこちら

被害状況について

2022年1月4日

  • ミンダナオ島スリガオ市の被災状況 ©ADRA Philippinesミンダナオ島スリガオ市の被災状況 ©ADRA Philippines

台風ライによる被害状況について、昨年12月30日に発表されたOCHAのレポート(Philippines: Super Typhoon Rai (Odette) - Situation Report No. 1)によると、被災者620万人、家屋損壊71万件、避難者56万人となっており、いずれも12月22日時点(被災者260万人、家屋損壊16万件、避難者40万人)よりも増加しています。今後の更なる増加も懸念されるところ、JPFでは、状況の把握に努めながら、支援のための調整を進めていきます。

支援プログラムの開始を決定

2021年12月25日

JPFは、フィリピン中南部を直撃した台風22号(ライ)の被災者援のため、25日に支援開始を決定しました。JPFは過去にもフィリピンにおける大型台風の被災者支援を行っており、経験のある加盟NGOや現地団体とともに、支援活動を展開していきます。

JPFは、フィリピン中南部を直撃した台風22号(ライ/現地名:オデット)の被災者への緊急支援のため、12月25日に支援開始を決定しました。JPFは過去にもフィリピンにおける大型台風(2013年の台風ハイエン、2014年の台風ハグピートなど)の被災者支援を行っており、現地での支援経験の豊富な加盟NGOとともに、必要とされる支援を展開していきます。

フィリピン台風ライ被災者支援

●2021年12月25日(プレスリリース

<概況>

12月16日から18日にかけて、フィリピンのビサヤ地域をカテゴリー5の大型台風ライが横断し、各地で強風、洪水、土砂崩れなどによる被害が発生。ビサヤやミンダナオなどの6地域では、12月21日に災害非常事態の宣言が出されました。12月22日時点で、死者177人、負傷者275人、行方不明者38人、260万人(68万世帯)が被災し、家屋の全半壊は約16万件と発表されています※1

シアルガオ島の被災状況 ©PLANシアルガオ島の被災状況 ©PLAN

フィリピン政府は12月19日に国連人道問題調整事務所(OCHA)などの支援受け入れを表明し、20日以降、支援調整が進められています。情報が不十分ではあるものの、被災地では、当面の優先的ニーズとして、シェルター、食料、水衛生、保健などが取り上げられています。

セブ島の教育省事務所の被災状況 ©SEEDSセブ島の教育省事務所の被災状況 ©SEEDS

現地における被害の甚大さと支援ニーズを考慮し、JPFは出動を決定。今後、加盟NGOが、被災地での支援経験や現地団体との提携関係を活かしながら、食料、シェルター、保健医療などの支援を実施していきます。

ミンダナオ島での緊急配布ミンダナオ島での緊急配布

フィリピンでは、新型コロナウイルス感染者が累計283万人を超え、死者も5万人に上ることから※2、感染予防を徹底した上で、支援活動を実施してまいります。今後の状況につきましては、随時JPFウェブサイト、FacebookTwitterで、ご報告いたします。

※1: OCHA、Flash Update No.4 Philippines: Tyhoon Rai/Odette (22 December 2021)
※2:WHO, Coronavirus (COVID-19) Dashboard (As of 15 December 2021)

プログラム概要

プログラム方針は以下のとおりです。状況に応じて、適宜見直しを行います。

期間 6ヶ月
予算 1億2千万円(政府資金1億円、民間資金2千万円)
対象地 フィリピン
支援内容 食料・物資配布、シェルター、水衛生、保健医療など

「フィリピン台風ライ被災者支援」にご寄付お申し出いただいた企業・団体の皆さま

JPF「フィリピン台風ライ被災者支援」プログラムへのご寄付方法

 クレジットカードで寄付

金額 1,000円× 口、 5,000円× 口、 10,000円×
その他
合計 1,000
注意事項
  • ※セキュリティ確保のためブラウザは最新のものをご利用ください。最新のものでない場合、決済画面が表示されない可能性があります。
  • 1,000円以上からでお願いいたします。
  • 特定商取引法に基づく表記
  • ※複数プログラムにお申し込みの場合は、お手数ですが1つのプログラムの決済を終了後、2つ目のプログラムの決済手続きを改めて最初から行ってください。
  • ※税制上の優遇処置が受けられます。
    認定NPO法人の寄付金控除 領収書の発行

オンラインで寄付PayPalで寄付

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

オンライン寄付についてはPayPalをご利用いただきます(利用上限金額につきましてはPayPalアカウントをご確認ください)。PayPalに登録がない方も、クレジットカードを利用してPayPalからご寄付可能です。

銀行振込銀行振込で寄付

銀行名
三菱UFJ銀行
支店名
本店
口座種類
普通
口座番号
1732758
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム
  • ※三菱UFJ銀行様のご厚意により、三菱UFJ銀行本支店・ATMからの振込手数料は無料です。

郵便振替郵便振替で寄付

銀行名
ゆうちょ銀行
記号と番号
00120-8-140888
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジャパンプラットフォーム
  • ※通信欄に「フィリピン台風ライ被災者支援」とお書き添えください。
  • ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。
  • ※税制上の優遇措置が受けられます。 寄付金控除 領収書の発行
  • ※ご寄付を下さった方は応諾書にてご連絡いただければ幸いです。 応諾書フォーム
  • ※領収書の発行をされた方は応諾書は不要です。
  • ※企業・団体からの寄付の10%、個人からの寄付の15%を事務管理費として活用し、残りの全額は現地での事業費にあてられます。
  • ※ご寄付は今回の「フィリピン台風ライ被災者支援」のために活用させていただきます。ただし、全ての支援事業への助成終了後に残金が出た場合には、次の緊急支援のために活用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

今後起こりうる災害や紛争の緊急初動調査のための資金にご賛同いただける方は、以下の方法でご支援ください。※「フィリピン台風ライ被災者支援」など特定の支援活動へのご寄付ではなく、JPFの活動全般へのご寄付となります。

一般寄付

ゆうちょ口座から寄付する

銀行名
ゆうちょ銀行
記号と番号
00100-7-757910
口座名義
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ
トクヒ)ジャパンプラットフォーム
  • ※通信欄に「一般寄付」とお書き添えください。
  • ※恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。