国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

  • 公式ツイッター
  • 公式フェイスブック

ベトナム水害2020被災者支援

プログラムは終了しました。ありがとうございました。

SCJ、学校の防災対策を支援

2021年4月28日 18:00

  • 学校の手洗い場の修繕・整備も実施された ©Mr. Tran Duc Manh/Save the Children学校の手洗い場の修繕・整備も実施された ©Mr. Tran Duc Manh/Save the Children

ベトナム中部では、昨年10月に発生した豪雨で大きな被害が出ました。
支援地では、今後も同じような災害の発生が見込まれていますが、学校における防災対策は十分であるとは言えません。

JPF加盟NGOのセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)は、災害リスクの軽減や災害への対応力向上のために対象の複数の学校で救命胴衣の配布や、学校防災計画の見直し・強化のための会議を実施しました。

会議には生徒や教職員が参加。世界各地で推進されている、災害リスクの予防のための枠組みである「包括的な学校の安全」モデルに基づいて改訂が行われているか、教職員や生徒の声を反映した計画になっているかなどレビューを行い計画を作成しました。

PLAN、被災した地域で生計向上支援

2021年3月25日 20:00

  • 嬉しそうな様子の子どもたち。着ているのはJPFとPLANのロゴ入り上着 ©PLAN嬉しそうな様子の子どもたち。
    着ているのはJPFとPLANのロゴ入り上着 ©PLAN
  • 修繕された施設をきれいに保つため、掃除をする子どもたち ©PLAN修繕された施設をきれいに保つため、
    掃除をする子どもたち ©PLAN
  • 家禽(鶏や鴨)の支給の様子 ©PLAN家禽(鶏や鴨)の支給の様子 ©PLAN

JPF加盟NGOの、プラン・インターナショナル・ジャパン(PLAN)は、JPFプログラムとして、水害で被災したベトナム中部のコントゥム省で支援。学校再開と生計向上の支援を実施しています。

PLANは、水害により破損してしまった学校のトイレや給水設備の修繕を実施。修繕された施設はきれいに保つことが出来るよう、子どもたち自身が清掃をしています。

さらに今回の水害では、農作地や家畜なども被害を受けました。PLANは、被災者に鶏や鴨などを支給。飼育して数を増やし、卵や食肉などのかたちで収入を得ることが出来ることから、持続的に生計を向上することを目的に支援が実施されています。特に被災の度合いが大きく、経済的に困窮している家庭や、幼児のいる家庭、女性が世帯主の家庭などを優先的に支援しています。

洪水の影響を受けた子供たちを支援

2021年2月23日 6:00

JPF加盟NGOのセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)は、ベトナム中部で支援。JPFプログラムとして、洪水の影響を受けた子どもたちのための水・衛生支援および災害リスク軽減・対応力向上支援を実施しています。

今回の水害によりベトナム中部では幼稚園や小中学校のトイレや手洗い場、給水タンクなどが被害を受けました。SCJは、水衛生施設の修繕・整備により、子どもたちの安全な学習環境を支援しています。

加えて、同様の自然災害が今後も発生する可能性があるため、学校防災計画の見直しと強化や、子どもたちが自然災害などにあった時に受ける心理的負担を軽減するための方法などについて学ぶ、心理的応急処置研修を教職員を対象に実施します。

PLAN、子どもたちの学習継続のために支援

2021年1月22日 20:00

  • ©PLAN©PLAN
  • ©PLAN©PLAN

昨年の10月上旬にベトナムに繰り返し上陸した台風や豪雨。

JPF加盟NGOの、プラン・インターナショナル・ジャパン(PLAN)は、ベトナム中部での支援を継続しています。

洪水や土砂崩れで被災した学校では教材や図書が失われ、学校トイレや給水設備が使用できなくなりました。さらに、衛生環境が悪化すると感染症の蔓延につながるリスクも高くなります。また、子どもたちの衣類や通学カバンも失われ、貧困層の子どもたちが学業を継続するうえで困難な状況となっています。
PLANは、貧困率も高く、今回の水害で大きな被害を受けたベトナム中部コントゥム省において、学校再開および生計向上の支援。
学校再開支援の一環として、先月は幼稚園、小学校の子どもたちに通学用カバンと冬物ダウンジャケットを、今月は幼稚園と小学校に浄水器を配布しました。

PLANの学校再開および生計向上支援

2020年12月21日 16:00

JPF加盟NGOの、プラン・インターナショナル・ジャパン(PLAN)は、JPFプログラムとして、ベトナム中部コントゥム省の水害被災地域における学校再開および生計向上支援事業を実施しています。

PLANが事業を実施しているのは、10月上旬繰り返し上陸した台風や豪雨により大きな被害を受けた9省のうち、中部で最も貧困率が高いコンプロン郡そしてコンレイ郡です。

学校再開支援では、洪水などで流されてしまった生徒が多いため通学カバン、冬物上着の支給、被災した学校への図書や浄水器の支給、学校トイレや給水設備の修繕などを行っていきます。

生計向上支援では、脆弱な世帯を対象に家禽(鶏や鴨)の支給を行います。

現在は受益者や支援を実施する学校の選定、物資調達などを行っています。

出動決定

2020年11月10日 23:54

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、ベトナム中部で続いた豪雨が引き起こした、洪水と土砂災害による被災者支援のための出動を11月6日に決定しました。10月6日からベトナム中部を直撃した豪雨は、Da Nang省など9省に、深刻で広範囲な洪水と土砂災害を引き起こしました。

さらに10月28日、過去20年でベトナムに上陸した中でも、最も大きな台風の1つである 台風18号(モラヴェ Molave)が、その後の11月6日には、台風19号(コーニー Goni)がベトナム中南部に上陸し、被害が広がっています。

10月末時点で、150人の死者、62人の行方不明者、375,000人以上の避難者が発生。
200,000戸以上が被災しており、その数は今後増える可能性があります。

多くの学校が被災し、農地、家畜、家禽類が洪水により被害を受けており、被災した世帯の生計への影響が深刻化しています。

多くの被災者が、安全な水へのアクセスが絶たれ公共医療施設が被害を受けていることから、特に不衛生な水が原因となる感染症の蔓延が懸念されています。

JPFおよびJPF加盟NGOは、NFIの配布、学校再開に向けた支援、保健衛生環境の改善など、現地の支援ニーズに沿った事業を実施していきます。

新型コロナウイルス感染予防に十分に配慮しながら、必要とされる支援を迅速に展開してまいります。

今後の状況につきましては、随時ウェブサイト、SNSでご報告いたします。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、ベトナム中部で続いた豪雨が引き起こした、洪水と土砂災害による被災者支援のための出動を11月6日に決定しました。

<概況>

  • ベトナム水害2020被災者支援10月6日からベトナム中部を直撃した豪雨は、Da Nang省など9省に、深刻で広範囲な洪水と土砂災害を引き起こしました。さらに10月28日、過去20年でベトナムに上陸した中でも、最も大きな台風の1つである台風18号(モラヴェ Molave)が、同地域にさらなる被害を及ぼしました※1。10月末時点で、150人の死者、62人の行方不明者※1、375,000人以上の避難者※2が発生しています。また、200,000戸以上が被災しており※3、その数は今後増える可能性があります。また、その後の11月6日には、台風19号(コーニー Goni)がベトナム中南部に上陸し、被害が広がっています※4。 
  • 洪水で被災した学校は約649校に上っており、新型コロナウイルスにより既に影響を受けていた、約144,000人の子どもたちの学習環境が懸念されています※1。約24,734の家屋が全壊、または被害を受けており、約177,921の家屋が洪水被害を受けています※3。女性用衛生用品の不足や、プライバシーが守られた環境がないなかでの避難生活から、暴力や虐待の被害にさらされるリスクも高まっています。さらに、約112,791ヘクタールもの農地が被害を受け、約691,101頭の家畜、家禽類が洪水により失われており※3、被災した世帯の生計への影響が深刻化しています。安全な水へのアクセスが絶たれている被災者の数は、56万人以上に上り、さらに、約61の公共医療施設が被害を受けていることから、特に不衛生な水が原因となる感染症の蔓延が懸念されています※1
  • ベトナム政府の防災総局(Vietnam Disaster Management Authority: VNDMA)と支援機関により10月20日~23日に行われた合同ニーズアセスメントの結果では、食料、WASH、生計、シェルター、NFI(衛生品や生活用品)、学校再開支援、保健が優先的ニーズとして挙げられています※2
  • このような現地の被災状況に鑑み、JPFおよびJPF加盟NGOは、NFIの配布、学校再開に向けた支援、保健衛生環境の改善など、現地の支援ニーズに沿った事業を実施していきます。
  • 新型コロナウイルス感染予防に十分に配慮しながら、必要とされる支援を迅速に展開してまいります。今後の状況につきましては、随時JPFウェブサイト、Facebookでご報告いたします。

※1:UNICEF, Viet Nam Situation Report No.1 (Floods and Storms) - 22 Oct - 03 Nov 2020 (3 November 2020)
※2:UNRCO ,Viet Nam: Floods, Landslides and Storms - Office of the Resident Coordinator Flash Update No. 4 (28 October 2020)
※3:UNRCO , Viet Nam: Floods, Landslides and Storms - Office of the Resident Coordinator Flash Update No. 3 (22 October 2020)
※4:Relief Web, Switzerland provides humanitarian assistance to the victims of the floods in Central Vietnam (10 November 2020)

プログラム概要

期間 4ヶ月(初動対応)
予算 9,000万円(政府支援金)
対象地 ベトナム水害被災地
出動NGO(予定) セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)、ピースボート災害支援センター(PBV)、プラン・インターナショナル(PLAN)

事業一覧

最新の事業内容・助成予算・助成期間をご覧いただけます。

事業一覧(PDF 245KB) 2021年4月30日時点

ベトナム水害2020被災者支援 事業一覧

加盟NGOの2団体:PLAN、SCJ

団体名 事業名 開始日 終了日 事業予算(円)
SCJ ベトナム中部における洪水の影響を受けた子どもたちのための水・衛生支援および災害リスク軽減・対応力向上支援 2021/1/15 2021/4/30 30,000,000
PLAN ベトナム中部コントゥム省の水害被災地域における学校再開および生計向上支援事業 2020/12/1 2021/3/31 30,000,000