中央大学附属高等学校(東京都小金井市)- 17 GOALs PROJECT ~中学生・高校生が社会課題の解決に挑戦~

17 GOALs PROJECT
  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEで送る

img1_9.png

JPFと加盟NGO5団体は、1年生を対象に、各NGOの取り組む社会課題や活動内容を紹介する講演を行いました。

生徒の皆さんは1~3時限で、それぞれ関心のある3団体の会場を回り、加盟NGOからは、ミャンマー、パレスチナ、東ティモール、そして、日本国内での人道支援活動について、具体例やクイズなども交えた紹介を行いました。JPFからは団体の活動紹介に加えて、NGOや難民に関する説明、また、職員のキャリアのお話しもさせていただきました。

<加盟NGOの講演内容>

  • 難民を助ける会(AAR):難民を助ける会とは
  • パレスチナ 子どものキャンペーン(CCP):パレスチナの障がい者と支援活動
  • パルシック(PARCIC):フェアトレードって?
  • ピースボート災害支援センター(PBV):災害時 自分の身を守る 人を助ける
  • ピースウィンズ・ジャパン(PWJ):国内災害のいま


今回のように様々な団体の活動を知ることが、NGO活動やSDGsへの関心を高め、今後のより実りのある探究学習へと繋がっていけば幸いです。

©AAR

©CCP

2020年9月18日(金) 村尾信尚関西学院大学教授/JPF顧問の基調講演

「新しい時代の君たちへ」と題し、1年生、2年生(SDGsコース)の約400名の生徒に向けて、17 GOALs PROJECTのキックオフとなる基調講演を行いました。講演では、若者の未来に関わる日本と世界の様々な課題を、自身の経験、歴史、海外メディア、地球温暖化、税金など、具体例を交えて、わかりやすく説明しました。また、一つの見方にとらわれないこと、他人を思いやること、そして、夢を持つことの大切さを訴えました。

SDGsコースの24名と村尾さんの懇談会では、人種差別問題、メディアの中立性、リサイクル、貧困、日本の財政問題などの多岐にわたる質問に対し、村尾さんからも「とてもいい質問ばかりですね」と感嘆の声が上がりました。グループ発表では、廃棄物の利用、ごみの削減、地元産品を使った商品開発、生態系保存、食料自給率アップのための取り組みなどが紹介されました。村尾さんから生徒の皆さんに対しては、自分の言葉で伝え、心で話すためのアドバイスもありました。

これからの教育をテーマとした、村尾さん、檜垣株式会社JTB執行役員、古澤中央大付属高校教頭先生との三者対談では、多様性を受け入れられる教育、人材教育、教育とメディア、フィールドワークなどについて議論が交わされました。取材に訪れたメディアからは、探求学習の内容やSDGsコースの取り組み、村尾さんの今後の講演におけるテーマについて質問がありました。

参加校一覧へ

  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEで送る

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声