ガザ人道危機対応支援(寄付受付中)

【寄付受付中】
JPFは、ぜい弱な立場にあるガザの人々の命を守るため緊急支援を実施しています。
ご寄付はこちらよりお願いいたします。

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CC

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

10月10日のガザ地区/現地職員提供 ©CCP

ガザ地区在住のシャムスさん。CCPの支援でまた歩けるようになった ©Japan Platform

診療所は診察を待つ人で込み合う 🄫CCP

パレスチナ・ガザ地区の人々に
支援を届けませんか

寄付をする

寄付をする

このプログラムが取り組むSDGs

2 飢餓をゼロに16 17 パートナーシップで目標を達成しよう

プログラム概要

緊急人道支援組織 ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)は、2023年10月7日以降、パレスチナ・ガザ地区を実効支配しているイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルの間で激化している武力衝突により、深刻な被害を受けているパレスチナ・ガザ地区における避難住民等への緊急支援を、10月20日に決定しました。


今般パレスチナ・ガザ地区とイスラエルにおいて激化している武力衝突により、双方の民間人に多数の死傷者が出る事態となっています。JPFとして、双方の犠牲者を心から悼み、誘拐を含むあらゆる暴力行為、特に多くの民間人への無差別攻撃を強く非難します。双方の武力行為の即時停止と、日本政府を含む世界のリーダーに対し、よりぜい弱な立場に置かれた人々へ人道支援を届けるアクセスの確保と、医療従事者を含む支援従事者や報道関係者等への安全が担保されることを求めます。


  • ガザに対するイスラエル軍の激しい砲撃はほぼ途切れることなく続いています。ガザ保健省は、10月17日のガザ市のアル・アハリ・アラブ・バプテスト病院での爆発による死者は子ども、医療従事者、国内避難民(IDP)を含む471人と発表しました。ガザ地区の累計死者数は3,478人(10月18日時点)で、その中には少なくとも853人の子ども(10月17日時点)が含まれ、数百人が行方不明で瓦礫の下敷きになっているとみられています。10月13日のイスラエルによるガザ地区北部からの避難命令を受け、7日以降の国内避難民(IDP)の数は100万人に達したと推定されています。※1
  • ガザ地区の封鎖により、食品、水、薬品などの切実に必要とされる人道援助が妨げられています。人々は安全ではない水源の水により命の危険にさらされ、感染病の発生リスクが高まっています。※1
  • 爆撃による死傷者、避難を強いられる人々は今後も増加し、水衛生や保健医療、食糧、教育等へのアクセスは益々ひっ迫し、命を守るための支援ニーズのさらなる拡大が見込まれます。JPFは今後発出される緊急対応要請に迅速に対応し、人道回廊の設置あるいは停戦後直ちに支援を開始するため、本プログラムを立ち上げました。

JPFは、2009年よりガザ地区支援を開始し、これまでに8加盟NGOが調査を含む総予算27.5億円からなる56支援事業を日本政府からの拠出金により実施してきました※2。7日時点では「パレスチナ・ガザ人道支援」として加盟NGO2団体(パレスチナ子どものキャンペーン、ピースウィンズ・ジャパン)が支援を実施中でした。現在、スタッフの安全を確保した上で、停戦後の緊急支援のための情報収集に最大限に努めています。
ガザ地区は従来よりその境界がイスラエルに封鎖され著しく人と物の往来が制限されていることから、支援活動には経験や専門性の他、ネットワークが求められます。JPFは、既にガザ地区での支援実績のある加盟NGOの知見と経験を活かし、必要とされる支援を迅速に届けてまいります。
多くの民間資金を寄せていただけるよう尽力し、日本からの支援を届けるNGOの活動資金とさせていただきます

 

※1:OCHA: Hostilities in the Gaza Strip and Israel | Flash Update #12, 18 October 2023
※2:「パレスチナ・ガザ人道支援」現地からの声:支援を受けたガザ地区の方々の生活の変化をまとめた報告書はこちらをご参照ください

(1)プログラム概要

プログラム名

ガザ人道危機対応支援

支援期間

2023年12月22日~2024年6月21日(6カ月間)

活動予定地

パレスチナ・ガザ地区、エジプト、レバノン

活動予定団体

JPF加盟NGO複数団体

活動予算

政府資金6億円+ 民間資金(寄付額により予算拡大)

  • プログラム期間・予算・対象地は、状況に応じて適宜見直しを行います。
更新情報

プレスリリース

  • 2023年10月20日発行分

活動レポート

  • ガザ地区南部・ラファの診療所で、妊婦と母子の健康、心のケアをサポート

    パレスチナ子どものキャンペーン(CCP)

    ガザ地区南部・ラファの診療所で、妊婦と母子の健康、心のケ...

  • 子どもたちが安心できる時間を確保するために

    地球のステージ(FL)

    子どもたちが安心できる時間を確保するために

  • 病院への食料・医療品の提供

    地球のステージ(FL)

    病院への食料・医療品の提供

もっと見る
閉じる
  • 【メディア掲載】JPFガザ地区支援 評価担当スタッフの寄稿が掲載されました。

    ジャパン・プラットフォーム(JPF)

    【メディア掲載】JPFガザ地区支援 評価担当スタッフの寄...

  • ガザ人道危機対応支援 説明会を実施しました

    ジャパン・プラットフォーム(JPF)

    ガザ人道危機対応支援 説明会を実施しました

もっと見る
閉じる

活動中の加盟NGO

活動地域の地図

2024年4月更新

活動地域の地図

©OpenStreetMap

  • 日本国際民間協力会(NICCO)

    ガザ地区ラファにおける紛争被災した人々への緊急食糧配布

    期間24.03.31 - 05.30

    金額7,791,006

  • 地球のステージ(FL)

    ガザ地区南部における心理的応急処置活動とその後の精神保健・心理社会的支援事業

    期間24.03.28 - 06.21

    金額5,000,000

  • セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)

    ガザ地区・被災した子どもとその家族の命を守る人道支援

    期間24.02.01 - 07.31

    金額127,237,949

  • パレスチナ子どものキャンペーン(CCP)

    ガザ地区における緊急支援(物資または現金給付)と避難所での子どもと家族の保護活動

    期間24.02.01 - 06.21

    金額149,986,800

  • パルシック(PARCIC)

    ガザ中南部被災者への食料・NFIs 配付及び越冬支援物資の購入支援事業

    期間24.01.01 - 06.21

    金額99,991,204

  • 地球のステージ(FL)

    ガザ地区南部における食料、医薬品の提供を中心とした病院支援と、心理的応急措置を中心とした精神保健・心理社会的支援事業

    期間23.12.28 - 24.03.27

    金額5,000,000

  • ピースウィンズ・ジャパン(PW)

    ガザ地区における紛争被災者への食料、NFI(Non-Food Item)配付及び水供給支援

    期間23.12.22 - 24.06.21

    金額149,993,041

もっと見る
閉じる

ご支援いただいた企業・団体

この度ガザ人道危機対応支援を支援するため、企業様から支援金等のお申し出をいただきました。ご支援をお申し出くださった企業・団体様は下記のとおりです。
深く感謝申し上げますとともに、ご提供頂いた支援金を、ジャパン・プラットフォームとして責任をもって、支援を必要としている方々のために適切かつ有効に活用してまいります。

2023年12月 Go グローバル
2023年11月 株式会社土屋
2023年10月

株式会社ユーランド

その他の金額で寄付

注意事項

  • セキュリティ確保のためブラウザは最新のものをご利用ください。最新のものでない場合、決済画面が表示されない可能性があります。
  • 1,000円以上からでお願いいたします。
  • 特定商取引法に基づく表記をご覧ください。
  • 複数プログラムにお申し込みの場合は、お手数ですが1つのプログラムの決済を終了後、2つ目のプログラムの決済手続きを改めて最初から行ってください。
  • 税制上の優遇処置が受けられます。
  • ご支援をいただいている皆さまに安心・安全なご利用をいただけますよう、ご本人認証システム「3Dセキュア」を導入しています。

日本のNGO・経済界・政府、そして市民がパートナーシップのもと力を寄せ合い、紛争や災害から発生する世界の人道危機にスピーディで効果的な支援を届ける仕組み、それがジャパン・プラットフォームです。

PayPal

寄付金額を選択する

振込先口座

銀行名 三菱UFJ銀行
支店名 本店
口座種類 普通
口座番号 1775062
口座名義 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ トクヒ)ジヤパンプラツトフオーム

三菱UFJ銀行様のご厚意により、三菱UFJ銀行本支店・ATMからの振込手数料は無料です。

振込先口座

銀行名 ゆうちょ銀行
記号と番号 00120-8-140888
口座名義 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ トクヒ)ジャパンプラツトフォーム

通信欄に「ガザ人道危機対応支援」とお書き添えください。

恐れ入りますが、振込手数料をご負担ください。

認定NPO法人の寄付金控除 領収書の発行

応諾書フォーム

企業・団体としてのご寄付の際は応諾書をご提出ください。

ダウンロード

領収書の発行をされた方は応諾書は不要です。

企業・団体からの寄付の10%、個人からの寄付の15%を事務管理費として活用し、残りの全額は現地での事業費にあてられます。

いただいたご寄付は、ガザでの人道支援プログラム(「ガザ人道危機対応支援」、「パレスチナ・ガザ人道支援」)に活用させていただきます。

全ての支援事業への助成終了後に残金が出た場合には、次の緊急支援のために活用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページトップ

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声