プレスリリース 2004年12月28日

スマトラ島沖地震 ―ジャパン・プラットフォーム初動対応ミッションの派遣を決定―

ジャパン・プラットフォーム(JPF/ 評議会議長:大西 健丞)は27日、スマトラ島沖で発生したマグニチュード8.9規模の地震に対し、その被災状況を把握し支援を実施するため、被災地へ初動対応ミッションの派遣を決定しました。

地震と大規模な津波によって、インドネシア、タイ、マレーシア、スリランカ、インド、モルディブなど東南アジアから南アジアに至るインド洋沿岸諸国で、多数の死傷者が発生し家屋や公共施設が崩壊した模様です。被災地の人々は余震や津波による二次災害を避けるための生活を余儀なくされ、電気や水道、通信、運輸などのライフラインが麻痺することが予測されます。被災者の生活を下支えするため、飲料水、食糧、生活用品の配給や医療サービスの提供、避難施設の応急整備が急務であると考えられます。

初動対応ミッションの概要

【ジャパン・プラットフォーム初動対応ミッション】

■派遣地域 : スマトラ島北部、インド洋沿岸諸国被災地
■派遣時期 : 
12月27日午前出発...
(特活)ピースウィンズ・ジャパン 2名、スマトラ島北部】
12月28日出発...
※他、数団体が検討中。準備が整い次第、直ちに派遣。

ジャパン・プラットフォームは、スマトラ島沖地震支援募金の受付を開始しました。

スマトラ島沖地震支援募金

■郵便振替:00120-8-140888
■口座名:ジャパン・プラットフォーム
※通信欄に「スマトラ島沖地震」とご記入ください

※ジャパン・プラットフォーム」は、NGO、経済界、政府が対等なパートナーシップの下、三者一体となり、それぞれの特性・資源を生かし協力・連携して、難民発生時・自然災害時の緊急援助をより効率的かつ迅速に行う団体です。