国際協力 NGO ジャパン・プラットフォーム(JPF)| Japan Platform

紛争や災害時の緊急人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

  • 公式ツイッター
  • 公式フェイスブック

休眠預金等活用事業

休眠預金等活用事業

休眠預金等活用事業

「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」(休眠預金等活用法)に基づき、2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引のない預金等(休眠預金等)を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度が2019年度から始まりました。

指定活動団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)は、休眠預金等活用法に掲げられた公益に資する活動に対して助成を行う資金分配団体を公募によって選定します。資金分配団体は、次の「優先的に解決すべき社会の諸課題」の解決に取り組むことが求められます。

  1. 子ども及び若者の支援に係る活動
    - 経済的困窮など、家庭内に課題を抱える子どもの支援
    - 日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援
    - 社会的課題の解決を担う若者の能力開発支援
  2. 日常生活又は社会生活を営む上での困難を有する者の支援に係る活動
    - 働くことが困難な人への支援
    - 社会的孤立や差別の解消に向けた支援
  3. 地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係る活動
    - 地域の働く場づくりの支援
    - 安心・安全に暮らせるコミュニティづくりへの支援

上記3つの社会課題解決に向けた以下の4つの助成事業が休眠預金等活用事業の対象となります。

  1. 草の根活動支援事業
  2. ソーシャルビジネス形成支援事業
  3. イノベーション企画支援事業
  4. 災害支援事業
    - 防災・減災支援
    - 緊急災害支援
    - 災害復旧・生活再建支援

休眠預金制度とJANPIAについてはこちら

JPFが目指すもの

JPFでは、資金分配団体として、国内災害に起因する休眠預金等活用事業が掲げる3つの社会問題に対する活動を支援していきます。

災害支援事業(緊急災害支援)

国内で大規模災害が起こった際に、その被害状況に合わせて助成プログラムを立ち上げます。
これまでの国内外における災害対応の経験、被災地の地元 NPO 等への伴走型支援、復興における地域力強化のノウハウ、企業との連携ネットワークなどの強みを活かし、今後の災害対応における、より迅速で効果的な支援体制を強化していきます。
2019年度、JPFは休眠預金等活用法に基づく災害支援の事業領域における「質の高い継続的な被災地支援」の資金分配団体に選定されています。

情報公開について

JPFのガバナンス・コンプライアンスに関する主要な規程はこちら
休眠預金事業に関わるその他情報公開についてはこちら

現在募集中のプログラム

現在募集中のプログラムはありません。

募集終了したプログラム