国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

お知らせ

イベント 2014年08月13日

9月11日開催、ジャパン・プラットフォーム主催 シンポジウム 「9.11から13年 ~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」

おかげさまで盛況のうち終了いたしました。
ご参加いただいた皆さま、関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。

9月11日開催、ジャパン・プラットフォーム主催 シンポジウム
「9.11から13年 ~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」(PDFファイル 10.6MB)

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)と、国立大学法人大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専攻は、2014年9月11日木曜日に大阪大学中之島センターにてシンポジウム「9.11からの13年~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」を開催します

af.jpg アフガニスタンは長年に渡る紛争と自然災害によって、深刻な人道危機に直面しています。治安悪化や大統領選挙による混乱もあり、人々は長い間非常に厳しい生活環境におかれています。避難生活を続けざるを得ない市民も多く、人道支援に対するニーズは依然として高い状況が続いています。

2001年の9.11以降、JPFではアフガニスタンに対して様々な支援を実施してきました。現在は2010年から続く人道支援事業5ヶ年計画を展開しており、事業開始からこれまでの4年間で約46億円の事業資金を投入し、加盟NGO9団体が現地NGOなどと連携してプロジェクトを実施。学校建設・修復158校、地雷回避教育延べ約32万人への実施、水環境・衛生改善、識字教育、生計復帰支援、女性支援など幅広い分野で活動しています。 (アフガニスタン・パキスタン人道支援特設サイト

本シンポジウムでは、現地で教育事業に携わる、公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン(CARE)よりWahidullah Wahid(ワヒドラ・ワヒッド)氏と、特定非営利活動法人ADRA Japan(ADRA) よりJavid Noori(ジャヴィード・ヌーリ)氏を迎え、同国における教育現場の声をお伝えします。
「現場で活動するNGOのプロフェッショナル達の生の声を直接聞くことができる貴重な機会です。このシンポジウムをきっかけにアフガニスタンという国をより身近に感じ、 私たちに何ができるか一緒に考える機会となればと願っています」とJPF海外事業部長 柴田裕子は述べています。

参加ご希望の方は、お名前/ご所属/メールアドレスを jpf_afghan@japanplatform.org までお知らせください。

9.11から13年
~アフガニスタンの教育現場の今を知る~

概要

日時 2014年9月11日(木)18:00~20:00
会場 国立大学法人 大阪大学 中之島センター 304講義室 
大阪市北区中之島4-3-53 http://www.onc.osaka-u.ac.jp
定員 100人
事前のお申込み お名前、ご所属、メールアドレスを下記までお知らせください。
jpf_afghan@japanplatform.org
参加費 無料
主催 ジャパン・プラットフォーム
共催 大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専攻

スケジュール詳細

全体司会:石井 正子氏(大阪大学人間科学研究科 准教授)
1. プログラム概要紹介(5分):ジャパン・プラットフォーム
2. 基調講演(20分)
  桑名 恵氏(立命館大学 准教授)
3. アフガニスタン現地スタッフによる報告(30分)
  ヌーリ氏(ADRA) / ワヒドラ氏(CARE)
4. パネル・ディスカッション(30分)
  テーマ「アフガニスタンにおける教育現場の今」   
  モデレーター:折居 徳正氏
  (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO) 事務局長)
5. 質疑応答(15分)

※プログラムの内容は変更になる可能性があります。ご了承ください。
※時間の詳細は決定次第WEBサイトにて掲載いたします。
※遂次通訳があります。

スピーカー

■ 桑名 恵(くわな めぐみ)

立命館大学准教授
大阪大学人間科学研究科博士後期課程修了 博士(人間科学)
アジア、アフリカ地域において複数の緊急人道支援、開発支援活動に従事。特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン海外事業部長、特定非営利活動法人Health and Development Service (HANDS) アフガニスタン事務所代表、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム事業総括、お茶の水女子大学講師を経て、現在に至る。

■ Javid Noori(ジャヴィード・ヌーリ)

ADRA アフガニスタン事務所 プロジェクト・オフィサー
アフガニスタンのパルワン州生まれ。学生時代はイランで難民として過ごし、大学卒業後UNHCR、IOMなどの国際機関に勤務。 2004年にアフガニスタンへ帰還し、2005年ADRAでラジオ・オペレーターとして働き始め、現在は主に教育環境整備事業を担当。 「子どもたちの夢や希望を育てる教育支援に携わる中で、子どもたちが安心して教育を受けられている姿が私のモチベーションになっています。教育は国の再建につながると信じています。」

■ Wahidullah Wahid(ワヒドラ・ワヒッド)

ケア・アフガニスタン事務所 教育プログラム・シニア・コーディネーター
アフガニスタンの復興に貢献するため、ケア・アフガニスタン事務所に就職し、14年間人道開発支援活動に従事。ケアが実施する6つの教育プログラムを統括し、男の子5300人・女の子15,000人が安全に就学できるように日々の活動をサポート。 「教育こそがアフガニスタンの平和と繁栄への鍵だと信じているので、今後も子どもの教育のために最善を尽くしたいです。」

パネリスト

・立命館大学准教授 桑名 恵氏
・ADRA アフガニスタン事務所 プロジェクト・オフィサー Javid Noori氏
・ケア・アフガニスタン事務所 教育プログラム・シニア・コーディネーター Wahidullah Wahid氏
・公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 海外事業部プログラム・オフィサー 紺野 誠二氏

参加申し込み先

参加ご希望の方は、お名前/ご所属/メールアドレスをjpf_afghan@japanplatform.orgまでお知らせください。

国際協力NGOジャパン・プラットフォームについて

特定非営利活動法人(認定NPO 法人)ジャパン・プラットフォームは、日本の緊急人道支援の新しいしくみとして2000年に誕生した中間支援団体。NGO・経済界・政府が対等なパートナーシップのもとに連携し、迅速かつ効率的に国内外緊急支援を実施するため、単独では包括的な支援を行う財政基盤等が十分にない日本の加盟NGOを様々な形でサポートする。設立以来、総額310億円、980以上の事業、40以上の国・地域における実績を持つだけでなく、企業とNGOの協業を促進し、支援活動報告をしっかりとすることで確かな信頼を築いてきた。各得意分野のある49の加盟NGOと情報を共有し、ともに支援プロジェクトをつくる。民間から総額70億円以上が寄せられた東日本大震災支援では、被災県の地域連携・中間支援組織、地元NGOをサポートし、復興への体制整備に貢献している。

本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム

広報担当:高杉、小林
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN安田ビル 4F
TEL:03-6261-4750 FAX:03-6261-4753
Webサイト:www.japanplatform.org E-mail:jpf_pr@japanplatform.org
Facebook:ジャパン・プラットフォーム Twitter:@japanplatform 国内事業アカウント:@jpf_kokunai

アフガニスタン・パキスタン人道支援事業への寄付はこちら