イベント 2015年03月25日

ジャパン・プラットフォーム・Mercy Corps共催「2015 年度 インターアクション・フォーラム・スタディツアー(6/21~6/28 米国・ワシントン D.C.)」参加者募集

ジャパン・プラットフォーム(JPF)が実施中の「TOMODACHI NGOリーダーシップ・プログラム」の目玉イベントの一つ、「インターアクション・フォーラム・D.C. スタディツアー」の開催時期がやってまいりました(今年度が本プログラムの最終年になります)。

このスタディツアーは、日本のNPO/NGOのリーダー、および将来リーダーとなる10人を米国のワシントンD.C.に派遣し、米国のNPO/NGOを取り巻く世界に触れていただくことで、日本の市民セクターの強みや不足要素について考えると共に、さらなる発展のためにアクションを起こしていただくことを主目的としています。

スタディツアー前半は、米国最大のネットワーク組織である「インターアクション(InterAction)」(※1)が開催する3日間のフォーラムに参加し、世界中から集まる約1,000人の人道支援組織のリーダー達とそれぞれが直面している課題を共有し、共に解決策を探ります。

ツアー後半は、緊急事態や世界の人道支援活動において、米国政府やNGOをはじめとするその他の主要アクターが如何なるシステムのもとで、どのような連携活動を行っているのかを学ぶため、FEMA、OFDA、NVOAD、Mercy Corpsなどへの訪問が予定されています(詳細は※2をご覧ください)。

◆◆J.P. Morgan & TOMODACHI Initiative X Mercy Cops & Japan Platform◆◆
2015年度 インターアクション・フォーラム・スタディツアー
(米国・ワシントンD.C.)

期間 2015年6月21日(日)~6月28日(日)
※予定
渡航先 米国・ワシントンD.C.
費用 無料
※米国往復航空運賃、米国国内宿泊費、ESTA(渡航認証)申請費用、保険料、米国滞在期間の日当(注)はJPFが負担します。
注)日当はMercy Corpsの規定額に基づき、米国ドルで支給されます。
定員 10名
※英語での面談を含めた厳正な審査の上、参加者を決定します。
応募資格/条件
  • Applicants must be currently employed by the NGO and intend to remain employed by that NGO for the foreseeable future
  • Applicants must have experience as an emergency responder
  • Applicants must have strong English speaking ability (there will be no translation during the trip)
  • Applicants must agree to remain with the group for the entirety of the trip - and to attend planning and debrief meetings before and after
  • Participants need to complete feedback form upon return
応募方法 応募用紙にご記入の上、応募受付期間内に
training@japanplatform.org 宛てにお送りください。
※応募用紙はメールにてお取り寄せください。応募用のwordファイルをお送りいたします。
応募書類 添付の申請書と共に、以下の4点を含んだ500 wordsの英文エッセイをご提出ください。
  • Your experiences in emergency respond -what, where, how long etc.
  • Why are you interested in InterAction forum and workshops?
  • What would you like to learn from OFDA, NVOAD and FEMA - what questions would you like to have answered?
  • How your organization will benefit from it
応募受付期間 2015年3月19日(木)~ 4月9日(木)正午
※締切厳守

InterAction Forumについて(※1)

InterAction HP: http://www.interaction.org/
Agenda:     http://www.interaction.org/forum

このフォーラムは、さまざまなイベントを通して、世界の人道支援活動の潮流や、人道支援業界を取り巻く環境について学び、それぞれが直面している課題を、世界で活躍するリーダー達と共有し、共に解決策を探っていくことを目的としています。

昨年は、55種類以上の分科会やワークショップが開催されたのに加えて、世銀総裁や国連難民高等弁務官による講演やディスカッション、Galaと呼ばれる支援者への謝恩会に、350団体から1,000人以上のリーダー達が参加しました。今年も同様の内容・規模で開催されることが決まっており、魅力的なプログラムが企画されています。

人道支援団体・機関Consultation Visitsについて(※2)

スタディ・ツアー後半には、緊急事態や世界の人道支援活動において、米国政府やNGOをはじめとするその他のアクターがどのようなシステムのもとで、いかなる活動を行っているのかを学ぶため、いくつかの団体や機関の訪問が予定されています。昨年は、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(Federal Emergency Management Agency :FEMA)、アメリカ合衆国開発庁(US Office of Foreign Disaster Assistance:OFDA)、国内災害に対応するNGOの連携組織であるNational Voluntary Organization Active in Disaster :NVOADやMercy Corpsなどのオフィスを訪ね、オリエンテーションを受けるとともに、活発な意見交換を行いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以上が、スタディツアーの概要となります。2013、2014年度の参加者からは、とても有益だったという声と共に、スタディーツアーを通して生まれたネットワークにおいても大変貴重なものになったという声が多く届いております。また、過去の参加者からのフィードバックを基に、アドボカシー・ワークショップの開催をはじめとする数々の企画が生まれています。つきましては、本スタディツアーへの参加は、他国の人道支援についての知見を広める貴重な機会となるのみでなく、日本の人道支援活動のさらなる発展のために力を発揮できる絶好の機会ともなりますので、皆様どうぞ奮ってご応募ください。

本プログラムはJ.P.モルガンならびに米日カウンシル主導の「TOMODACHIイニシアチブ」の支援を受け、Mercy Corpsとのパートナーシップのもとに2013・4月~2016年・3月の期間で実施しているものです。

本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォーム

NGO能力強化研修プログラム担当:鈴木さおり、藤原智美
E-mail:training@japanplatform.org
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN安田ビル 4F
TEL:03-6261-4751(事業部直通) 代表:03-6261-4750 FAX:03-6261-4753