国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

お知らせ

お知らせ 2018年06月06日

パレスチナ医療救援協会の医療ボランティア、ラザン・ナジャールさんの訃報を受けて -JPF代表理事メッセージ

真の人道主義者の精神を称賛して

親愛なるパレスチナ医療救援協会の同志の皆さんへ

先日、パレスチナ自治区ガザ地区南部ハーン・ユーニスにおいて、医療ボランティアのラザン・ナジャールさんが、他の医療従事者と共に銃撃されるなか、亡くなられたことに深い悲しみを感じています。

犠牲となったラザン・ナジャールさんの家族や友人、そして同僚の方々の悲しみと大きな喪失感を思うと、言葉もありません。私たちは同じ人道支援に従事する者として、どのような理由があろうとも、医療関係者に対する攻撃に対して非難します。

私たちは、真の人道支援者としての精神を示してくださったラザン・ナジャールさんと、その同僚であるパレスチナ医療救援協会(PMRS: Palestinian Medical Relief Society)の皆さんに深く敬意を表します。深い悲しみをわかちあい、パレスチナにおける人道支援ニーズに対応していくことを改めて約束いたします。貴方とともに、私たちも存在しています。

人道支援活動に従事する仲間たちへ最大の敬意をこめて

ジャパン・プラットフォーム
共同代表理事
小美野 剛

Honoring of true humanitarian spirit

Dear colleagues at Palestinian Medical Relief Society(PMRS),

It is with great sadness to learn the loss of Ms. Razan al-Najjar in recent incident in Khan Yunis, Palestine, along with shooting of other medical professionals.

No words can replace the sadness and grief of family, friends, and colleagues of Ms.Razan al-Najjar. We also join you in condemning the attack against any medical personnel, which is not acceptable for any reason.

We sincerely respect the true humanitarianism shown by Ms. Razan al-Najjar and PMRS colleagues during these difficult times. Please know that we too are in sorrow, and it reaffirms our commitment to do what we can for humanitarian needs in Palestine.
Because you exist, we too exist.

With highest regards to fellow humanitarian,

Takeshi Komino
Co-chairperson
Japan Platform