国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

  • 公式ツイッター
  • 公式フェイスブック
お知らせ

お知らせ 2003年04月21日

ヨルダン・イラク国境地帯での医療活動報告:4

p0421_1.jpg
国境の緩衝地帯での緊急医療活動が本格化しています。
この数日間、ヨルダン・イラク国境に避難してくる難民が毎日200~300名規模で増え続けていて昨日ついに1000名以上に達しました。今後も増加傾向はとどまらず、5,000名規模になるのでないかと、UNHCRは予測しています。バグダッド近郊に以前からあった難民キャンプから避難してきた人々も多いようです。
 
「ジャパン・プラットフォームイラク危機対応チーム」では毎日朝6:00から夜20:00まで医療チーム(日本人医師2名・看護師3名・ヨルダン人医療関係者で編成)を派遣し、診療活動を続けています。現時点で重病患者はいませんが、臨月の妊産婦や、400人以上いる子どもたち(乳幼児含む)の今後の健康状態が心配されます。

p0241_2.jpg
現場は激しい砂嵐で衛生状況も良いとはいえず、難民の急増にテントも水も足りず、トラックで水のボトルを持ってこられるだけ持ってくることにしました。ヨルダンの難民キャンプに準備していた医療用テントもさらにもう一基、緩衝地帯に移すことにし、総力を挙げてこの緊急事態に対応しています。
  • マンスリーサポーターはこちら
  • 17 GOALs PROJECT

お知らせ

年別アーカイブ

関連コンテンツを表示