国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

お知らせ

プレスリリース 2019年11月27日

村尾信尚 関西学院大学教授・「NEWS ZERO」元メーンキャスター 緊急人道支援の国際NGO ジャパン・プラットフォームの顧問に就任

村尾信尚 関西学院大学教授・「NEWS ZERO」元メーンキャスター 緊急人道支援の国際NGO ジャパン・プラットフォームの顧問に就任(PDFファイル 586KB)

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)は、村尾信尚 関西学院大学教授・「NEWS ZERO」元メーンキャスターを顧問としてお迎えしたことをお知らせいたします。

JPFデー『日本をよくするためにJPFに何ができるのか』

JPFデー『日本をよくするためにJPFに何ができるのか』(2019年7月30日)左から小美野剛JPF共同代表理事、村尾信尚氏、髙橋丈晴JPF事務局長。

村尾氏はトークセッションに登壇し、NGOとしての民間・市民レベル交流の強化、JPFがアジアのプラットフォームとなる構想、環境問題への貢献の可能性などを提案。「市民は、政治家や政党を選ぶ投票用紙と、お札による投票ともいえる日銀券での買い物、という2つの"券"で国を変えていける」と力強いキーメッセージを伝えました。

村尾氏は、省庁、在外公館、地方自治体等で活躍後、12年間にわたってニュース番組のメーンキャスターを務め、豊富な経験と幅広いネットワークを活かしながら、積極的な政策提言、教育研究、情報発信を行われています。また、大蔵省(現財務省)時代には、JPF設立に向け機動力となり尽力された、JPF生みの親としてのキーパーソンでもあります。

JPFは、村尾氏の知見や助言、そして「雨垂れ石を穿つ」の精神を活かしながら、引き続き、国内外の多様な人々が連携・協力し、人道支援の課題を解決することができる真のプラットフォームを目指してまいります。

村尾信尚氏からのコメント

「今年ラグビーW杯に湧いた日本。
その日本代表の合言葉はONE TEAMでした。
紛争や災害が後を絶たない世界で、
日本の緊急人道支援のかたちはまさにONE TEAM。
NGO、経済界、政府がジャパン・プラットフォームのもとで
連携しながら活動しています。
私もこのチームの一員になれることに喜びを感じています。」

JPFデー『日本をよくするためにJPFに何ができるのか』

村尾信尚氏略歴

1955年岐阜県高山市生まれ。78年一橋大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)に入省。外務省在ニューヨーク日本国総領事館副領事、三重県総務部長、大蔵省主計局主計官、財務省理財局国債課長、環境省総合環境政策局総務課長などを経て、2002年退官。2003年10月より関西学院大学教授。2006年10月~2018年9月「NEWS ZERO」(日本テレビ系列)メーンキャスターを務める。2019年10月、ジャパン・プラットフォーム顧問就任。

著書

  • 『B級キャスター』小学館 2019年
  • 『無名戦士たちの行政改革 ~WHY NOT の風~』(村尾信尚・監修) 関西学院大学出版会 2007年
  • 『日本を変えるプランB』 (村尾信尚・責任編集) 関西学院大学出版会 2005年など

ジャパン・プラットフォームについて

日本の緊急人道支援の新しいしくみとして2000年に誕生。NGO・経済界・政府などが対等なパートナーシップのもとに連携し、迅速かつ効率的に国内外の緊急支援を実施するため、日本のJPF加盟NGOを様々な形でサポートしている。設立以来、総額600億円以上、50以上の国・地域における、1,500以上の事業実績、企業とNGOの協業の促進、しっかりとした活動報告により信頼を築いてきた。各得意分野を持つ40以上のJPF加盟NGOと情報を共有し、ともに支援プロジェクトをつくる。民間から総額70億円以上が寄せられた東日本大震災支援では、被災県の地域連携・中間支援組織とともに地元NGOをサポートし、復興の体制整備に貢献している。

本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム

広報:高杉
TEL:03-6261-4035(広報直通) FAX:03-6261-4753
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN安田ビル 4F
Webサイト:www.japanplatform.org  E-mail:info@japanplatform.org
Facebook:ジャパン・プラットフォーム Twitter:@japanplatform

お知らせ

年別アーカイブ

関連コンテンツを表示