難民居住地に理科室と教員宿舎が完成!

活動レポート

難民を助ける会(AAR)

難民居住地に理科室と教員宿舎が完成!

南スーダン難民緊急支援

中等学校看板の前で ©AAR

Facebookはこちら

ジャパン・プラットフォーム(JPF)加盟NGO AAR Japan[難民を助ける会](AAR)はJPF助成事業として、ウガンダ北部の南スーダン難民居住地における教育支援を行っています。 4月25日、ウガンダのビティビティ難民居住地において、AARが設置した理科室と教員宿舎の引渡式を行いました。理科室は、同居住地内の私立校では初めての開設となります。

AARの駐在代表は、引渡式で、「10年後、ここで学んだ生徒たちが南スーダンやウガンダのそれぞれの地で活躍し、社会に大きく貢献しているでしょう。この地域の方々には、次の世代の子どもたちまで使えるよう、理科室や教員宿舎を丁寧に長く使い続けてほしいです」と伝えました。

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声