PARCIC支援による木造の仮設住宅

活動レポート

パルシック(PARCIC)

PARCIC支援による木造の仮設住宅

インドネシア・スラウェシ島地震・津波被災者支援2018

サゴ椰子の葉で出来た屋根材 ©PARCIC

Facebookはこちら

JPF加盟NGO パルシック(PARCIC)は、中部スラウェシ州地震・津波の被災者に対する仮設住宅への資材配布などの支援を実施しています。
仮設住宅の屋根材にはサゴ椰子の葉が使われていますが、インドネシアの伝統的家屋では使われていたものの、現在ではほとんど利用されていませんでした。地震発生から1年以上が過ぎ、家屋の再建も始まっていますが、被災地では、サゴ椰子の葉を屋根に使った家が見られるようになっています。
サゴ椰子の屋根材は、PARCICの事業地周辺で作られているため、被災者も屋根材の製造に関わり、収入を得るようにもなっています。サゴ椰子の屋根材は被災者に経済的恩恵をもたらし、加えて、温かみのある「我が家」を提供することにつながっています。

▼PARCICの活動報告はこちら
https://www.parcic.org/report/indonesia/sulawesi_disaster/15821/

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声