パレスチナ自治政府は"流血の連鎖?"~国連機関による警鐘~

活動レポート

パレスチナ自治政府は"流血の連鎖?"~国連機関による警鐘~

パレスチナ・ガザ人道支援

Facebookはこちら

イスラエル治安部隊は今年の初め以来、催涙ガスやゴム弾、実弾によって怪我や計り知れない恐怖に晒された方々の保護をしてきており、パレスチナの人権状況に関する特別報告者Michael Lynk氏は、現地で「流血の連鎖」が発生していると警鐘しました。 今月8日、国連による保護活動の際に、14歳と17歳の男の子が殺害され、その僅か7日後には16歳の男の子が催涙ガス弾を被弾。 Michael Lynk氏は、昨年5月に人権理事会が命じた調査委員会に対して、現地では重大な国際人権法と国際人道法上の違反があるとの調査結果を提出しました。
現地では既に35人の子ども達のほか、救急隊員やジャーナリストも犠牲となっており、デモ中にはさらに6,000人余りの人々が負傷しています。

▼国連によるレポートはこちら
https://news.un.org/en/story/2019/03/1034121

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声