難民の子どもたちにとって学校・教育とは-国連ニュース

活動レポート

難民の子どもたちにとって学校・教育とは-国連ニュース

パレスチナ・ガザ人道支援

facebookはこちら

6月25日、Guterres国連事務総長は、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のプレッジング会合で演説を行い、UNRWAによる700以上の学校運営、パレスチナ難民の子どもたち50万人以上に対する無料の教育や質の高い医療サービスの提供など、約70年にわたる活動を讃えました。

国連関係者の演説に続き、ガザ地区やヨルダン川西岸のUNRWAの学校で学ぶ53,6000人の生徒を代表して、10代の生徒2人が、学校での日々の生活や学校の大切さについてスピーチを行いました。

Hanan(女子生徒)は「パレスチナ難民の子どもたちにとって、学期が終了し長期休暇に入るのは楽しいことではありません。なぜなら教育が自分たちにとって最も重要なものだから」と述べました。

Hatem(男子生徒)は15歳で、すでに3度の戦争を体験し、「戦争と破壊の光景は心に焼き付き、眠れなくなることもあります」と語りました。教育は、彼にとってより良い未来に向けた唯一の希望であり、暗い時代においても、彼には権利があるということを伝えています。

▼国連によるニュースはこちら
https://news.un.org/en/story/2019/06/1041251

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声