AARがパラスポーツ大会

活動レポート

難民を助ける会(AAR)

AARがパラスポーツ大会

南スーダン難民緊急支援

©AAR

Facebookはこちら

JPF加盟NGO 難民を助ける会(AAR)は、JPFの助成事業として、ウガンダ共和国北部南スーダン難民居住地における教育支援を行っています。
2月下旬、難民居住地で障がいスポーツイベントが開催されました。

AARが活動するパロリーニャ難民居住区のある地域では、障がい児に対し「呪われた子」「魔女が触ったから」など、偏見を持っている方が少なくありません。
そこで、多様性や障がいへの理解促進を促すため、障がいのある生徒たちとない生徒たちが混合で楽しむパラスポーツ大会を開催。

当日は、鈴が入ったボールを使用する、視覚障がいのある方々のために考案された「ゴールボール」という球技を行いました。
観客も難民居住地に暮らす難民、地域住民、生徒の親や教員の家族など様々な人が集まり鈴の音が消えないよう、静かに応援。

試合は大変に盛り上がり、障がいのある生徒もない生徒も、普段は関わることの少ないほかの学校の生徒との交流が、互いにとり良い刺激になったようです。
(※こちらの大会が開かれた2月下旬時点で、ウガンダでは新型コロナウイルスの感染者は確認されていませんでした。)

AARの記事はこちら
https://bit.ly/34SGWef

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声