活動レポート

国際児童基金(UNICEF)

アフガニスタン人道危機対応支援:担保として扱われる子ども達~国際機関による警鐘~

アフガニスタン人道危機対応支援

Facebookの投稿はこちら

国連児童基金(UNICEF)は、アフガニスタンで子ども達が借金などの担保として扱われていると警鐘しました。
UNICEFアフガニスタンのコミュニケーション責任者Alison Parker氏は、「アフガニスタンに住む家族は、借金のために子どもを担保として使うという苦渋の決断を迫られている」と話しています。
現地でのインタビューから、僅か生後3ヵ月に満たない子ども達が婚約させられるといった事態も確認されています。
国民の半数以上が農業に従事しているアフガニスタンでは、干ばつの結果、児童婚率が急増しており、現地での大きな課題となっています。

▼国連による記事の詳細はこちら(英語)
https://news.un.org/en/audio/2018/12/1027481

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声