ジャパン・プラットフォーム、 インド北部水害の被災者への支援を決定 ~80年で最も激しい豪雨の影響で10万人以上が避難~

お知らせ
  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、/以下、JPF)は、2013年6月中旬以降インド北部で発生している水害について、対応期間3カ月間の緊急支援を実施することを決定いたしました。
インド・ウッタラカンド州を中心としてインド北部8県及びネパールでは、6月中旬以降季節風の影響で降り続いた豪雨により洪水や地滑りが発生し、確認された死者数は1,000人に迫り、2013年7月7日現在10万人以上が避難をしています。今回の豪雨は、ここ80年で最も激しいと言われ、主要インフラである道路や橋が押し流され、州政府によると未だ744の村が孤立した状況にあるといわれています。そして、今後も強い雨が降ることが予想されており、気象状況により状況・被害が悪化することも懸念されています。
JPFの加盟3団体(公財)プラン・ジャパン、(特活)ICA文化事業協会、(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、既に現地でのニーズ調査を終え、生活必需品や食糧、衛生キットなどを被害状況が厳しい箇所で配布予定です。

参考:インド政府内務省、UN Situation Report、Times Of India

ぜひご寄付によるご支援をお願い申し上げます。

インド北部水害被災者支援2013 事業支援金口座

銀行振込で寄付

銀行名 三菱東京UFJ銀行
支店名 本店
口座種類 普通
口座番号 0212722
口座名義 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
フリガナ トクヒ)ジャパンプラットフォーム

※寄付金受付期間:10月8日まで

※三菱東京UFJ銀行様のご厚意により、三菱東京UFJ銀行本支店・ATMからの振込手数料は無料です。

国際協力NGOジャパン・プラットフォームについて

特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、迅速に効率的な国際・国内緊急支援が行えるよう、NGOをサポートする中間支援団体です。2000年設立時より、総額272億円、830事業、支援対象国・地域40以上(2013年1月現在)を対象に、緊急人道支援を提供してまいりました。また助成対象となる40の加盟NGO団体とは、情報共有を行いつつ、共に支援プロジェクトをつくりあげ実施しています。同時に、総額70億円以上のご寄付をいただいた東日本大震災支援では、加盟NGO団体のみならず、被災地を支援する地元および全国のNGO/NPOへの支援も行っています。

本件に関するお問い合わせ先

ジャパン・プラットフォーム事務局 総務部

TEL:03-5223-8891 / FAX:03-3240-6090
E-mail: soumu@japanplatform.org
Webサイト: http://www.japanplatform.org/
住所: 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル266区
NGOジャパン・プラットフォームへの寄付はこちら

  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

一覧へ戻る

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声