国際協力 NGO ジャパン・プラットフォーム(JPF)| Japan Platform

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

地元の中間支援団体の発掘と立ち上げ事業

趣旨

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、熊本地震発生直後から被災者支援に携わってきました。昨年10月からの第2フェーズでは熊本が地域のチカラで復興できるよう「地域力強化」を支援方針に掲げ、施策の一つとして「地元の中間支援団体の発掘と立ち上げ事業」を行っています。

「地元の中間支援団体の発掘と立ち上げ事業」とは

JPFは、地元団体「くまもと災害ボランティア団体ネットワーク」(KVOAD)の協力を得て、被災市町村で被災者・支援団体・行政等を“つなぐ”活動をする団体を発掘し、活動資金を助成しています。

事業のポイント

  • 15市町村( 熊本市、益城町、阿蘇市、南阿蘇村、西原村、大津町、嘉島町、御船町、甲佐町、美里町、山都町、宇城市、宇土市、菊陽町、氷川町)で“つなぎ役”を発掘
  • “つなぎ役” を発掘するために、KVOADは、「被災地の情報収集、支援ニーズの把握」「支援事業の企画サポート」「連携促進団体と行政の調整、合同会議の開催支援」などの業務を担う。また、KVOADは、行政も参加する「県域熊本合同会議」を主催する。
  • 「県域熊本合同会議」で審査・推薦された“つなぎ役”団体が申請する事業に対して、JPFは厳正な審査を行い、上限12団体に活動資金300万円(1団体上限)を助成をする。

特定非営利活動法人 くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)とは

熊本県熊本市所在。産・官・学・民の連携を強化し、熊本地震の持続可能な復興と人材育成を目的として2017年3月に設立された。地震直後にスタートした行政・支援団体の情報交換の場「火の国会議」の事務局を担い、被災者、住民、地域のニーズの把握、支援活動のコーディネーション、人材・資金確保の研修、支援策の提言など情報共有・発信をしている。

関連コンテンツを表示