活動レポート

ピース・ウィンズ・ジャパン(PWJ)

プログラム継続中

パレスチナ・ガザ人道支援
  • ガザでの健康診断1 ©PWJ

  • ガザでの健康診断2 ©PWJ

facebookはこちら

2014年7月~8月の大規模な攻撃は、もともと脆弱であったガザの人々の生命、暮らし、教育、経済に大きな爪痕を残し、現在も被害を受けた約250万人が緊急支援を必要としています。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は2014年8月に支援を開始、食糧、シェルター、緊急支援物資の配布のほか、子どもへの心理社会的支援、紛争により障がいを負った人々のリハビリテーション、生計向上支援などを実施しました。

今後も国際社会の継続的な支援が求められており、JPFは、ガザ地区の人々の置かれている状況をこれ以上悪化させないよう支援を継続していきます。

▼2018年度年次報告書では、パレスチナ・ガザほかJPFの国内外プログラムを紹介しています。是非ご一読ください。
こちらをクリック

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声