2月15日開催「支援現場の性暴力・被害を防ぐ ~"組織の責任"最前線~」『課題解決の先へ HAPIC2022』

イベント
  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

国際協力NGOセンター(JANIC)主催のカンファレンスHAPIC(HAPPINESS IDEA CONFERENCE)。本年は「国際協力をリデザインする」をテーマに、2月13~15日の3日間に渡ってオンライン開催されます。ジャパン・プラットフォーム(JPF)も参画するワーキング・グループでは、以下のブレイクアウトセッションを実施いたします。是非、ご参加ください!

支援現場の性暴力・被害を防ぐ ~"組織の責任"最前線~

(ブレイクアウトセッション 21)

近年、世界の開発・人道支援の現場では、性的搾取・暴力・ハラスメントからの保護(Protection from Sexual Exploitation, Abuse and Harassment:PSEAH)への対応や予防のために、様々な取り組みが必須となっており、日本のNGOも早急な対応を迫られています。PSEAHの取り組みを始めたNGOの具体例を紹介し、組織の責任としてできることを考えます。

日時 2022年2月15日(火)14:00~15:00
プログラム
  1. PSEAHについて説明、潮流、動画紹介:
    公益財団法人ジョイセフ アドボカシーコンサルタント 草野 洋美
  2. 日本のNGOの取り組み事例紹介:
    認定NPO法人IVY海外事業担当 / 宇都宮大学大学院 地域創生科学研究科 博士後期課程学生 / 防災士 尾立 素子
  3. JQANによるPSEAH調査より、インド・ミャンマーのNGOの取り組み事例紹介:
    特定非営利活動法人CWS Japan(CWS)プログラムマネージャー 五十嵐 豪  
  4. グループワーク
  5. 質疑応答

司会:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン プログラム部 榎田真季

登壇者情報はこちらでご覧いただけます。
https://hapiconf.com/programs/1348/

参加方法 HAPIC参加チケットが必要です。以下リンクよりお申込みください。1/31までは早割での購入が可能です!
「課題解決の先へ HAPIC2022」 参加者募集中! 2/13-15開催。
HAPIC公式サイト:https://hapiconf.com/
お申込み:https://hapic2022.peatix.com/
※参加者はセッションの録画を2/24-3/21までアーカイブ配信でご覧になれます。
実施団体 JANIC PSEAHワーキング・グループ
お問い合わせ 担当:冨澤聖子(JPF) seiko.tomizawa@japanplatform.org

HAPICに関するお問い合わせ

HAPIC事務局(JANIC内)
E-mail: hapic@janic.org
ウェブサイト:https://hapiconf.com/

  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

一覧へ戻る

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声