緊急オンライン開催1/10 14時~「令和6年能登半島地震被災者支援」プログラム説明会 現地で活動中の加盟NGOが、緊急初動調査による現地ニーズと支援状況をお伝えします。

緊急オンライン開催1/10 14時~「令和6年能登半島地震被災者支援」プログラム説明会
イベント
  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

説明会は終了いたしました。

当日の動画は、こちらからご視聴いただけます。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、1月10日(水)14時より、「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラムのオンライン説明会を開催します。

石川県の発表によると、5日午後2時の時点で県内の死者は94人、連絡が取れない安否不明者は222人となっており、被災状況はさらに拡大しています。
現地で活動する加盟NGOからは、報道されている以外の地域でも多くの倒壊家屋があることや、道路が寸断され、公的な支援物資が届くまでに時間がかかっている状況なども報告されています。

JPFは、地震発生当日のうちに、加盟NGOのピースウィンズ・ジャパン(PW)による緊急初動調査を決定。翌日に支援プログラムを立ち上げました。被災状況やニーズ調査、食料や生活用品などの緊急物資支援等のほか、救助犬や医療者による救助などを実施しております。
JPFは、加盟NGOと共に、より脆弱な立場にいる人々、公的支援の届きにくいところへの支援に尽力してまいります。

甚大な被害のため、大きな支援が求められております。ぜひ多くの方にご視聴いただき、支援への理解を深めていただくとともに、活動へご寄付によるご支援をいただけますと幸いです。
皆さまのご参加をお待ちしています。

(1)開催概要

イベント名 緊急開催 令和6年能登半島地震被災者支援プログラム説明会
日時 1月10日(水)14:00~15:00
参 加 費 無料 「令和6年能登半島地震」へのご寄付はこちらよりお願いいたします
開催方法 Zoom オンライン
参加お申し込み方法

以下のフォームより事前にお申込みいただいた方に、参加用ZoomウェビナーのURLをお送りします。(お申込み期限:1月10日(水)10:00)
▶お申込みフォームはこちら

主催 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

※お申し込みの締め切りを過ぎた場合は、以下の①~④を下記お問い合わせ先までメールにてご連絡ください。
①参加者氏名・フリガナ ②ご所属(企業/団体名・所属部署名) ③ご連絡先(メールアドレス及び電話番号)

(2)プログラム(予定)

14:00 開会・JPFについて
14:05 本プログラムについて:ジャパン・プラットフォーム
       現地の様子について:ジャパン・プラットフォーム
14:20 加盟NGOの支援活動➀:ピースウィンズ・ジャパン
14:35 加盟NGOの支援活動➁:ピースボート災害支援センター
14:50 Q&A
14:55 プログラム寄付についてのご説明
15:00 閉会  
※プログラムの内容は変更となる可能性があります。予めご了承ください。

(3)登壇団体のご紹介

■特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンについて
ピースウィンズ ・ジャパンは、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する日本発の国際協力NGOで、大西健丞により1996年に設立されました。これまでに世界37の国と地域で活動してきました。また、災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や地域活性化、犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動「ピースワンコ・ジャパン」など、社会課題の最前線で解決に全力を尽くす、ソーシャルイノベーション・プラットフォームとして挑戦を続けています。(https://peace-winds.org/

■特定非営利活動法人ピースボート災害支援センターについて
ピースボート災害支援センターは、東日本大震災を受けて「人こそが人を支援できる」を理念に2011年4月に設立。以降「国内外の災害救援」「防災・減災への取り組み」を中心に活動を行っています。これまでに海外27ヶ国、国内70地域での被災地支援を実施し、延べ11万人以上のボランティアをコーディネートしてきました。その経験をもとに平時には様々な形で防災減災の取り組みを行っています。(https://pbv.or.jp/

特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォームについて

コソボ紛争の経験を教訓に、NGO、経済界、政府の対等なパートナーシップのもと、2000年に発足した日本の緊急人道支援のしくみ。平時より、3者および多様な人々が、強みや資源を生かして連携できるプラットフォームとして機能し、国内外の自然災害による被災者、 紛争による難民・国内避難民に、迅速かつ効果的に支援を届けています。これまでに68の国・地域において、総額840億円以上、2,100事業以上の人道支援活動を展開。各得意分野を持つ45以上の加盟NGOを様々な形でサポートしながら、緊急人道支援のプロフェッショナルとして、支援を必要とする人々のニーズに根ざしたプログラムを実施しています。

※個人情報保護について
ご記入いただいた個人情報に、JPFが今後のイベントご案内をさせていただくことがあります。またデータを統計的に処理し、個人を特定できない形で公表することがあります。個人情報の取り扱いは、個人情報保護法に遵守した当団体のプライバシーポリシーに則り、責任をもって適切に管理いたします。

【本件に関するお問い合わせ先】

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
渉外広報部 渉外:木島・米澤 TEL:03-6261-4036、 広報:高杉 TEL:03-6261-4035
E-mail:info@japanplatform.org

  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

一覧へ戻る

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声