【能登半島地震】被災地報告:1月24日 珠洲市 ピースボート災害支援センター(PBV) 現地の被災状況とJPF加盟NGO支援活動をお伝えします

【能登半島地震】被災地報告:1月24日 珠洲市 ピースボート災害支援センター(PBV)
お知らせ
  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

令和6年能登半島地震によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

ジャパン・プラットフォーム(JPF)加盟NGOのピースボート災害支援センター(PBV)は、JPFの休眠預金事業において、珠洲市での炊き出し支援の実施や、行政からの要請を受け、他団体と各避難所での炊き出しのスケジュール調整を行っています。

JPFは、震災の被災状況と、現地で活動中のJPF加盟NGOの支援の様子を、皆さまに知っていただき、お気持ちをお寄せいただけるよう、広報担当を被災地に派遣しました。動画で様子をお伝えいたします。

JPF「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム

1月24日
炊き出しで、小学校の給食も応援(珠洲市)

被害が集中している海沿いにある直小学校では、子どもたちの通常の授業は再開していますが、体育館は現在も避難所として使われています。
1月24日、PBVは直小学校体育館に避難されている人々のための昼食に加え、小学校の給食としても温かい料理を提供しました。

この日のメニューは、市内の別の施設で作った野菜たっぷりのホワイトシチューとアルファ化米のご飯、そしてナムルです。通常は屋外で配膳をしていますが、この日は大雪のため、校内の食堂ですることになりました。大きな鍋が運び込まれ、ふたを開けるとシチューのいい香りが広がりました。

12時にチャイムが鳴ると子どもたちが教室から食堂に集まり代わる代わるスタッフのところに来て、「給食を作ってくれてありがとうございます」とお礼を言っていました。この日は1年生から6年生、先生も含めて54食を提供しました。先生によると、自宅で避難にしている児童はなかなか温かい食事をとることができず、給食をとっても楽しみにしているということでした。炊き出しによる給食が始まって、避難先から戻ってくる家庭もあり、児童の数は増えたということです。

子どもたちへの給食準備が済むと、避難住民へ配膳を始めました。この日は130食を提供しました。PBVは月曜日から金曜日まで毎日、この小学校で昼食に炊き出しを提供しています。避難している住民は温かい食事を大変喜んでいました。

ここでも2次避難が進んでいますが、仕事の関係や自宅の片づけなどのため、この地に留まる人も多いと言います。一番困っているのはトイレです。避難所には仮設のトイレがありますが、自宅で避難生活をしている人はトイレが使えず、トイレのため毎回避難所まで来ているということでした。ある住民は、去年5月の最大震度6弱の時は住宅を修理して復旧しようと頑張ったが、今回の震度7は被害が甚大過ぎてどうして良いのかわらないと話していました。
PBVでは支援のニーズが長引くことを視野に長期的な支援を続けていきます。
JPF、被災した方々が、少しでも快適に安心して過ごせる環境で、この先の復興に向かうことができるよう支援を続けていきます。

【本件に関するお問い合わせ先】

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
渉外広報部 広報:高杉、森山 TEL:03-6261-4035
E-mail:info@japanplatform.org

  • シェアする

  • ポストする

  • LINEで送る

一覧へ戻る

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声