インドネシアのシナブン火山噴火緊急支援へ出動決定

プレスリリース
  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEで送る

インドネシア「シナブン火山噴火緊急支援2014」プレスリリースはこちら(PDFファイル 289KB)

インドネシア北スマトラ州カロ県にある活火山(標高2,460m)、シナブン山(Gunung Sinabung)で、昨年9月、11月と噴火が相次いだことを受け、インドネシア火山地質災害軽減センター(PVMBG)は、シナブン火山の警戒ステータスを「レベル4:もっとも危険」に引き上げました。 2014年2月1日に再び大規模な噴火が起こり、5km以内の警戒区域内を観光で訪れていた高校生ら4人を含む14人が死亡しました。シナブン山の噴火口3km圏内の5村は廃村となり、2月13日のインドネシア・カロ郡政府の発表によると、34村から、10,322世帯33,192名が、同郡の避難所など43箇所での避難生活を余儀なくされています(2月11日現在)。 現在、JPF加盟NGOのうち1団体が出動のための最終準備を進めています。

【対応期間】2ヶ月 (今後の現地の状況等により予算、支援期間、内容について随時見直しを行います)

【プログラム予算】 政府資金 500万円

国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)について

特定非営利活動法人(認定NPO 法人)ジャパン・プラットフォームは、日本の緊急人道支援の新しいしくみとして2000年に誕生した中間支援団体です。NGO・経済界・政府が対等なパートナーシップのもとに連携し、迅速かつ効率的に国内外緊急支援を実施するため、単独では包括的な支援を行う財政基盤等が十分にない日本の加盟NGOを様々な形でサポートしています。設立以来、総額280億円、800以上の事業、40以上の国・地域における実績を持つだけでなく、企業とNGOの協業を促進し、支援活動報告をしっかりとすることで確かな信頼を築いてきました。各得意分野のある45の加盟NGOと情報を共有し、ともに支援プロジェクトをつくります。民間から総額70億円以上が寄せられた東日本大震災支援では、被災県の地域連携・中間支援組織、地元NGOをサポートし、復興への体制整備に貢献しています。

本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォーム
広報担当:高杉
TEL:03-6261-4035(広報直通)
FAX:03-6261-4753
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6-5 麹町GN安田ビル 4F
Webサイト:www.japanplatform.org   E-mail:info@japanplatform.org
Facebook:ジャパン・プラットフォーム   Twitter:@japanplatform
NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)への寄付はこちら

  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEで送る

一覧へ戻る