活動レポート

ジャパン・プラットフォーム

急性飢餓と飢饉

イエメン人道危機対応支援

JPFのイエメン支援プログラムでは、加盟NGOが支援事業を継続しています。

WFPなどの発表によると、2020年には、55の国・地域で、約1億5千万人が、最低限の食糧の確保さえも困難になる「急性飢餓」に陥ったとされています。2021年には、2億7千万に上る可能性もあります。

なお、新型コロナウイルスの影響も加わり、飢餓の中でも最も深刻な「飢饉」の発生も懸念されており、イエメンなどは、ほぼ飢饉の状態にあると見られています。

記事はこちら

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声