教育の必要性に対する保護者の理解促進を促すワークショップ開催

活動レポート

AAR Japan[難民を助ける会](AAR)

教育の必要性に対する保護者の理解促進を促すワークショップ開催

ウガンダ国内コンゴ民主共和国難民緊急対応支援

JPF加盟団体の難民を助ける会(AAR)は難民居住地における教育支援を行っています。4月は、通学に課題のある児童の保護を対象に、教育の重要性に関する通学継続啓発ワークショップを実施し、保護者合計481 人(男性 200 人・女性 281 人) が 参加しました。このワークショップを通して、保護者は子どもの就学の障壁となっている課題を分析し、その解決策や子どもの通学を支援する方法について議論しました。

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声