シエラレオネ水害被災者支援2017(2018年3月終了)

本支援活動は終了しました。寄付などによる
ご支援をいただき、ありがとうございました。

プログラム概要

修繕予定の井戸の、修繕前の水質検査中 ©PWJ
修繕予定の井戸の、修繕前の水質検査中 ©PWJ
©PWJ
©PWJ
©PWJ
©PWJ
©PWJ
©PWJ
©PWJ
©PWJ

更新情報

  • 事業一覧を更新しました。

  • 事業一覧を更新しました。

  • 現地のニーズに鑑み、期間を延長しました。

  • 活動地図を更新しました。

  • 事業一覧を更新しました。

西アフリカのシエラレオネの首都フリータウン近郊では、8月13日から14日にかけて大雨が降り続いた影響で、大規模な洪水や土砂崩れ、地滑りが発生しています。家が土砂に埋もれるなどの被害が出ている中、これまでの死者数は493人※1、行方不明者数は600人※2を越えるとされています。現場は急な斜面である上に雨のために地盤は緩んでおり、二次災害のおそれもあって捜索活動や瓦礫撤去作業は難航。被災者の数は拡大するおそれもあります。また、衛生状態の悪化により、コレラなど感染症の流行も懸念されています。

JPFでは、国連等からの情報収集を継続していましたが、今後被害が拡大する恐れも高いことから緊急支援が必要であると判断し、8月22日に支援プログラムを立ち上げました。近いうちに、JPFは現地事情に精通している加盟NGO1団体に資金を助成し、支援を開始します。

2017年8月22日時点

出動NGOなど最新の情報は、以下の「更新情報」をご覧ください

※1:Sierra Leone: Landslide and Floods Situation Update no.5 22 August 2017
2:参照

プログラム概要

対応期間

2月15日まで

2017年11月24日:期間を更新しました

現地のニーズに鑑み、下記の通り期間を延長しました。

【期間】8月22日から3ヶ月 → 2018年2月15日まで

シエラレオネ政府と国際支援関係者間では、11月15日までを緊急期、その後は復旧復興期とみなしており、その復旧復興期は3ヶ月90日間(2018年2月15日まで)を事実上のターゲットとして計画しています。
PWJはその政府方針に合わせて事業を形成するため、プログラム期間延長の要望がなされました。

予算枠 3,000万円(政府資金)
内容(予定) 食糧やNFI配布、衛生環境改善支援など
場所 シエラレオネ(フリータウンなど)

事業一覧

事業一覧(PDF 195KB)2017年11月17日時点

活動地域(PDF 313KB)2017年11月17日時点

シエラレオネの位置

NGO活動一覧

出動NGO

  • 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)

    シエラレオネ首都フリータウン近郊における土石流被災コミュニティの早期復旧支援

    期間17.11.17 - 18.2.15

    金額26,631,341
    (政府資金)

  • 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)

    シエラレオネ洪水・土砂災害被災者支援立ち上げ調査

    期間17.8.30 - 17.9.12

    金額2,990,044
    (政府資金)

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声