活動レポート

ジャパン・プラットフォーム

容認できない状況下で暮らし続ける子ども達~国連機関による警鐘~

ミャンマー避難民人道支援

Facebookはこちら

国連児童基金(UNICEF)は、バングラデシュ コックス・バザールで暮らすミャンマー避難民※の子ども達の状況について、「とても容認することのできない状況」であると警鐘しました。

ミャンマー避難民の多くは、ミャンマーでの法的な保障や、市民権を与えられず、暴力行為によって2017年に避難を余儀なくされ、法的保障も得られないため「難民」としての認定もされていません。

UNICEF事務局長Henrietta Fore氏は、「国際社会としての義務は計り知れず、子どもや若い人々にとって、教育やスキルを身に付けることは、彼らが自分達の人生を切り開くために必要である」とその重要性について話しています。
ミャンマー避難民の子ども達については、「教育やスキルの習得なしには、現状を変えることはできない」と話し、国際社会全体に対して、支援の必要性を訴えています。

▼国連による記事はこちら(英語)
https://news.un.org/en/story/2019/02/1033722

※JPFでは、民族的背景および避難されている方々の多様性に配慮し、「ロヒンギャ」ではなく「ミャンマー避難民」という表現を使用します。

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声