難民を診察してきた医師の思い出-UNRWAニュース

活動レポート

難民を診察してきた医師の思い出-UNRWAニュース

パレスチナ・ガザ人道支援

facebookはこちら

7月30日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、30年に渡って、ガザでの保健プログラムに従事していたShaker医師について紹介しています。

1989年にShaker医師がUNRWAでの勤務を開始した時には、わずか6名の医師で、8万人のパレスチナ難民の診療にあたったそうです。現在は、3つの保健センターに勤務する26名の医師がガザ地区ラファで約20万人のパレスチナ難民にプライマリヘルスケアを提供しています。

ラファの保健センターの1つは、かつては産婦人科診療のみのサブセンターでしたが、プライマリヘルスケアのための保健センターへと格上げするために、Shaker医師たちは、計画を立て、寄付を募りました。現在では、15万人以上に基本的な診療を行う主要な保健センターの一つとなっています。

▼UNRWAによるニュースはこちら
http://bit.ly/2ZTKuO9

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声