活動レポート

ジャパン・プラットフォーム

難民キャンプで暮らす、ミャンマー避難民※の子どもたち vol.1

ミャンマー避難民人道支援

©Turjoy Chowdhury/ Disasters Emergency Committee (DEC)

Facebookはこちら

ソハヤ(Sohayda)さんは2歳の男の子です。彼の家族はミャンマーのブディダウン(Butidaung)から避難してきました。ミャンマーで突如襲撃してきた集団に、彼のおじさんは殺されました。
ソハヤさんの家族は今、タンカリ難民キャンプで避難生活を送っています。バングラデシュへ避難してきてから、避難中の過酷な生活の影響からか、ソハヤさんは病気を罹ってしまいました。その後、キャンプ内の医師に診察してもらいましたが、治療の効果は一向に見られません。

・・・・・・・・・・
JPFは、バングラデシュ・コックスバザール難民キャンプで、医療支援、生活物資の支給や、衛生環境の改善事業を実施しています。

バングラデシュでは、現在120万人ものミャンマー難民が支援を必要としています。村を焼かれ住むところを失った人々、辛い体験により心理的なトラウマを抱える子どもや女性たち。難民キャンプにたどりついても、劣悪な衛生環境による感染症拡大など医療支援ニーズも高く、基本的な衣食住を賄うための支援も圧倒的に不足しているのが現状です。

世界保健機関(WHO)は、人口過密が深刻な問題となっている難民キャンプで、コレラやジフテリア等の感染症の発症を防ぐため、早急な医療体制の構築が急務であると報告しています。

今、知って欲しいJPF最新のお知らせ

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

継続的に人道支援活動を支える マンスリーサポーターのご案内

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

「令和6年能登半島地震 被災者支援」プログラム決定(寄付受付中)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評価担当スタッフ記事 (12/8 22:50まで無料)

ガザ・武力衝突激化から2カ月:朝日Re:Ron JPFガザ地区支援 評...

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配信開始

JPF公式YouTube番組「ソーシャルグッド タイムズ」 本日より配...

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

「ガザ人道危機対応支援」決定(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ウクライナ人道危機2022(寄付受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

ふくしま「ともつく」基金を開始(公募受付中)

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声

「パレスチナ・ガザ人道支援」 現地からの声