国際協力NGOジャパン・プラットフォーム(JPF)

紛争や災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織 ジャパン・プラットフォーム

南スーダン難民緊急支援

  • 女子中学生たち ©AAR 女子中学生たち ©AAR
  • 中等学校全景 ©AAR 中等学校全景 ©AAR
  • 兼山駐在員とキャンプの子どもたち ©AAR 兼山駐在員とキャンプの子どもたち ©AAR
  • 中等学校看板の前で ©AAR 中等学校看板の前で ©AAR
  • ©ADRA ©ADRA
  • ©ADRA ©ADRA
  • ©ADRA ©ADRA
  • ©ADRA ©ADRA
  • キャンプの子どもたち ©PWJ キャンプの子どもたち ©PWJ
  • ホストコミュニティの子どもと駐在員富樫 ©PWJ ホストコミュニティの子どもと駐在員富樫 ©PWJ
  • ホストコミュニティ住民と蝶の乱舞1 ©PWJ ホストコミュニティ住民と蝶の乱舞1 ©PWJ
  • ホストコミュニティ住民と蝶の乱舞2 ©PWJ ホストコミュニティ住民と蝶の乱舞2 ©PWJ
  • POCキャンプ全景 ©PWJ POCキャンプ全景 ©PWJ
  • キャンプの子どもたち ©PWJ キャンプの子どもたち ©PWJ
  • キャンプの子どもたち1 ©PWJ キャンプの子どもたち1 ©PWJ
  • ホストコミュニティに設置した井戸 ©PWJ ホストコミュニティに設置した井戸 ©PWJ
  • エチオピア・ガンベラにて8年生の生徒の様子 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて8年生の生徒の様子 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて8年生の生徒の様子2 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて8年生の生徒の様子2 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにてGambellaクレ難民キャンプでの授業風景 ©WVJ エチオピア・ガンベラにてGambellaクレ難民キャンプでの授業風景 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにてGambellaクレ難民キャンプで教育の啓発行進をする生徒たち ©WVJ エチオピア・ガンベラにてGambellaクレ難民キャンプで教育の啓発行進をする生徒たち ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて教育の重要性に関する啓発 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて教育の重要性に関する啓発 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて教室内の様子 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて教室内の様子 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて支援対象校の女子生徒 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて支援対象校の女子生徒 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて授業の様子 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて授業の様子 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子2 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子2 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子3 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子3 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子4 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子4 ©WVJ
  • エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子5 ©WVJ エチオピア・ガンベラにて難民キャンプの様子5 ©WVJ
  • 南スーダン・タンブラにて啓発活動の様子① ©WVJ 南スーダン・タンブラにて啓発活動の様子① ©WVJ
  • 南スーダン・タンブラにて子どもたち② ©WVJ 南スーダン・タンブラにて子どもたち② ©WVJ
  • 南スーダン・タンブラにて子どもたち④ ©WVJ 南スーダン・タンブラにて子どもたち④ ©WVJ
  • 南スーダン・タンブラまでの道のり ©WVJ 南スーダン・タンブラまでの道のり ©WVJ
  • 南スーダン・タンブラ郡 学校施設建設前の様子① ©WVJ 南スーダン・タンブラ郡 学校施設建設前の様子① ©WVJ
  • 南スーダン・タンブラ郡 学校施設建設前の様子③ ©WVJ 南スーダン・タンブラ郡 学校施設建設前の様子③ ©WVJ

2013年12月に起こった大統領派と副大統領派による武力衝突により、南スーダン国内での国内避難民の発生のみならず、周辺国へ多くの人々が避難しました。2017年に入り、およそ64万人の難民が新たに発生し、2017年10月31日時点で周辺6カ国(中央アフリカ、コンゴ、エチオピア、ケニア、スーダン、ウガンダ)へ避難した難民数は213万人を超え、特にスーダンとウガンダへの流入。周辺国へ避難した難民の内、10人中9人が女性と子供で占められ、18歳未満の子どもが63%を占めています。さらに子どもの内7万5千人が保護者と同居していない、親から離別した子どもです。周辺国別に見ると2017年10月31日現在、ウガンダでの難民流入数が105万人を越え、エチオピアでは41万人、ケニアでは11万人と、周辺国への難民流入に歯止めがかかっていない深刻な状況です1

2018年6月1日更新
最新情報は以下をご覧ください

1:UNHCR South Sudan Situation, Regional overview of population of concern as of 30 Sep 2017。9月30日時点の各国難民数を参照。

プログラム概要

期間 2018年3月1日~2019年2月28日
支援対象地域 ウガンダ・エチオピア・ケニア
2018年度要望額 11.5億円
支援対象地域 ウガンダ エチオピア ケニア
支援セクター NFI/シェルター、教育、
水・衛生、保護、栄養
水・衛生、教育 NFI/シェルター、保護、水・衛生
2018年度要望額 875,000,000円 210,000,000円 30,000,000円

※各年の予算は、他のプログラムとの優先順位を考慮して、1年ごとに見直す。

南スーダン難民緊急支援対応計画

1. 背景
2. これまでのJPFによる支援実績
3. 戦略目標
4. 対応方針
5. 国別セクター別支援計画
全ページをご覧いただけます

活動地域

南スーダン支援 活動地図
活動地域(PDF 647KB) 2018年3月9日時点

事業一覧 加盟NGOの7団体:AAR/JISP/MPJ/PLAN/PWJ/SCJ/WVJ

団体名 事業名 開始日 終了日 事業予算(円)
AAR ウガンダ北部の南スーダン難民居住地における教育支援(第2期) 2018/8/1 2019/3/31 111,341,954
PWJ ケニア共和国カクマキャンプとカロベエイ居住地区における南スーダン難民へのシェルター及びトイレ整備支援 2018/6/5 2018/9/4 22,462,606
SCJ ウガンダ北西部アルア県、アジュマニ県、キリヤンドンゴ県における南スーダン難民の子どもに対する保護と総合的な発達支援事業(第2期) 2018/6/1 2019/2/28 109,604,453
JISP ケニアにおける南スーダン難民の子どもへの緊急支援(フェーズ2) 2018/5/16 2018/11/15 7,526,768
MPJ ウガンダ西ナイル地域の南スーダン難民居住地区における心理社会的支援 2018/5/1 2018/8/30 8,253,397
PLAN ウガンダ アルア県とアジュマニ県における南スーダン難民の子どもの保護と衛生改善事業 2018/4/1 2019/3/31 116,926,536
WVJ ウガンダ南スーダン難民居住地での教育環境および子どもの保護環境改善事業 2018/4/1 2019/3/31 146,044,104
PWJ ウガンダ共和国北部における南スーダン難民脆弱層に対する衛生・住環境改善支援 2018/3/21 2019/3/20 171,283,742

事業紹介 : アドラ・ジャパン(ADRA/2016年度)

安全性や長期的視野、難民参加を
大事にしながら、水衛生分野を支援

事業紹介ADRA Japanは2014年4月から、多くの南スーダン難民が暮らすエチオピアガンベラ州の難民キャンプで水衛生分野の支援を行なっています。南スーダンの情勢は改善の兆しが見えず、難民の避難生活は3年目に入っており、長期的な施設への移行と、支援依存を防ぐために難民の活動参加が求められています。また、多くの難民は女性や子どものため、公共トイレから安全性の高い世帯別トイレへの移行が重要です。ADRA Japanは、難民参加による世帯別トイレの建設と衛生啓発活動などの支援をしています。

現地からの声

病気や危険から逃れることが
できる世帯別トイレに感謝
ガデットさん

現地からの声農夫として穀物を育てていた南スーダンから家族6人で逃れ、テレキディ難民キャンプで暮らして3年になります。南スーダンにいた時は茂みで野外排泄をしていたので病気になったこともありましたが、今は世帯別トイレがあるので病気になることがほとんどなくなりました。家のすぐ近くにトイレがあるので妻や子どもが性的被害に遭う危険も感じません。小さい子どもはまだ家の近くで野外排泄してしまうこともあるのですが、その場合は教えていただいたように、ポリ袋などに入れて排泄物を回収し、トイレに捨てています。トイレの清掃は1日1回。以前は支給された石けんを使っていましたが、もったいないので今は灰を使っています。トイレを建設してくれてありがたく思っています。

2018年5月30日
事業一覧を更新しました。プログラム名が変わりました。
2018年3月16日
活動地域を更新しました。
2018年2月27日
事業一覧を更新しました。
2017年7月20日
事業一覧を更新しました。

支援背景

今後の政治的進展のシナリオについては、2015年8月に政府勢力との間で紛争解決合意が署名され、国民統一暫定政府樹立に向けて今後「一定の和平の進展は望める」という動きが主流である。しかし、現地情勢は流動的であり人道危機が長期化する可能性が高いことから、複数年プログラムとすることにより、現地人道支援コミュニティや事業実施NGOにもJPFの一定のコミットメントを示すことで、NGOによる危険度の高い地域や地方展開、複数年で可能となる新たな事業展開を促すことに貢献する。
現在の南スーダン政府は、行政が果たすべき基礎的サービスの提供をしていない、もしくは能力が著しく欠け、人道支援組織によるサービス提供も十分とは言いがたい状況である。そして、避難した人々や避難もできずにいる人々やコミュニティがわずかでも再生に向かうための力を維持できるようにすること、また、その力を強化することは、人道支援に求められる役割の一つである。そのため、経験のあるNGOが基礎的サービスを引き続き提供しつつ、草の根レベルにおけるレジリエンスの強化には、現地の状況を見極め長期的に関与するプロセスと時間が必要である。
本プログラムでは、新たな人道支援の潮流(世界人道サミット(WHS)、持続可能な開発目標(SDGs))との整合性をとりつつ、サービスデリバリー及び将来の帰還及び再生に備えたレジリエンスの強化に焦点があてられた活動が必要である。
しかし、和平が頓挫し、国内紛争が再発し、より多くの避難民が発生し南スーダン国内の人道アクセスがより限定的となる「悲観的シナリオ」の可能性が否定できないことから、新たに不測の事態が発生した場合には柔軟に対応していく。

これまでの支援

南スーダンは、継続する武力衝突による治安の悪化、国内経済の悪化、さらには干ばつといった複合的な人道危機に陥っています。2015年8月以降の和平合意後の和平進展が破綻し、国内避難民(IDP)、難民の発生状況は深刻です。これまで10年以上支援を継続してきたジャパン・プラットフォーム(JPF)は、2016年6月からさらに長期的な視野をもって、コミュニティの再生や現地の方が自ら復興する力(レジリエンス)を強化できるような支援をめざしています。
国内と周辺3ヵ国(エチオピア、ウガンダ、ケニア)にて、衛生施設の整備や衛生指導、水・食糧の供給、子どもの保護などの支援のほか、現在、深刻な飢きんに瀕する人々への緊急対応も強化しています。

【これまで】
・2006年~2012年3月「スーダン南部人道支援」プログラム
2006年より、帰還民・帰還先コミュニティの再統合、および平和の定着を目的にプログラムをたちあげ、JPF加盟NGO9団体が支援を行ってきました。
・2012年4月~2014年3月「南スーダン人道支援」プログラム
南スーダン独立後に紛争に逆戻りさせずに平和を維持することを目的に、行政やコミュニティの能力強化、さらには両者の関係強化に焦点をあてた活動に取り組みました。しかし、2013年12月の南スーダン首都ジュバでの武力衝突を発端に南スーダンを取り巻く状況が劇的に変化したことから、JPF「南スーダン人道支援」ワーキンググループ(JPF助成プログラムにおいてともに活動するJPF加盟NGOの集まり)と協議の上、複数年プログラムの最終年を残し2013年度をもって終了しました。
・2014年2月~2016年5月「南スーダン緊急支援2014」プログラム
2014年2月、新たな紛争によって発生した難民への支援 (一部は2013年度事業の内容を変更して緊急対応)を、南スーダン国内と周辺3ヵ国(エチオピア、ウガンダ、ケニア)にて開始。15億6,847万4,266円を助成し、12万2,096人に支援を届けました。
2016年6月~2017年5月

避難先や悪化した低開発状況に対応するため、水・衛生、保健、シェルター、食料・NFI、教育、平和構築・紛争予防、生計創出、プロテクションの分野で支援を届けました。

「南スーダン支援」プログラムの一貫として、2017年5月より食糧危機の緊急支援を実施しています。

2017年11月最終更新

【開催報告】2016年7月9日 南スーダン独立記念日開催・JPF/加盟NGO主催シンポジウム「南スーダン ~若者たちのはじめての国づくり~」

2016年7月9日(土)に開催した「南スーダン ~若者たちのはじめての国づくり~」シンポジウムはおかげさまで盛況のうち終了いたしました。

南スーダン ~若者たちのはじめての国づくり~

シンポジウムの開催要旨、講演概要、動画等についてはこちらからご覧いただけます。

  • 青森県野辺地高等学校

※上記はスーダン南部人道支援のプログラムに寄せられたご寄付